ここから本文です

【J1採点&寸評】神戸3-0浦和|「今季のベストゲーム」と語るイニエスタがMOM!浦和は文字通りの完敗

8/18(日) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――DFの補強効果も出て、8試合ぶりの無失点勝利

[J1リーグ23節]神戸3-0浦和/8月17日/ノエスタ

【チーム採点・寸評】
神戸 7
ビルドアップの安定感に、攻撃の最終局面に入る効率の良さと良い部分が多く出た。飯倉や酒井の補強効果も感じられる試合に。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 飯倉大樹 7
セービングのシーンはほとんどなかったが、それ以上にビルドアップへの貢献度が素晴らしかった。フィンク監督も「パスワークもポジションも優れている」と絶賛

【ハイライト動画】神戸3-0浦和。イニエスタの決定的なパスとPK

DF
33 ダンクレー 6.5
中盤の時点でかかっているフィルターを生かし、うまく前で浦和の攻撃陣を捕まえた。ほぼノーチャンスに抑え込んだ。
 
25 大﨑玲央 6
縦パスを相手に引っ掛ける場面は散見されたが、中央を閉める安定感があった。サンペールにうまくボールをつないだ。

4 トーマス・フェルマーレン  6.5
コーナーキックからのヘッドは惜しくもゴールポスト。関根が攻め込んでくるサイドで酒井のカバーにも奮闘した。
 
MF
22 西 大伍 6.5
攻守に立ち位置の良さが目立った。浦和が反撃のために投入した山中を完全に消し去った貢献度が大きい。
 
5 山口 蛍 7
機を見たゴール前への進出でチームの2点目を奪いゲームの行方を決定的にした。相手ボール時も崩れそうな気配がなかった。
 
6 セルジ・サンペール 6.5
ビルドアップでうまくポジションを取ってボールを引き出し、決定的なスルーパスもあった。イエローカードは少しもったいなかった

神戸――酒井は加入即ゲームでも安定感を見せた

MAN OF THE MATCH
8 アンドレス・イニエスタ 7.5(90分OUT)
記録に残る得点やアシストはPKの1点のみだが、10回あった決定機のうち8回は彼が最終局面に絡んだ。自身も「今季のベストゲーム」と話した。
 
24 酒井高徳 6(78分OUT)
関根の対応に奔走した感はあったが、加入して即ゲームという状況で崩れない安定感はさすが。交代は「足をつったため」とフィンク監督が明かした。
 
FW
16 古橋享悟 7(83分OUT)
先制点の時間帯が最高だった。決定機を逃した場面もあったが、スピード感のある裏抜けで浦和の守備陣を混乱させた。
 
21 田中順也 7
3得点に絡む活躍。少し下がってボールを引き出しつつ、自身も裏に飛び出す場面を作って最終ラインを縦に揺さぶった。

交代出場
FW
13 小川慶治朗 ―(78分IN)
酒井に代わって左サイドに。浦和で唯一のポイントになった関根を抑え込むべく奮闘した。
 
FW
9 藤本憲明 ―(83分IN)
交代出場ながら背後への飛び出しで1対1の絶好機を迎えたが、シュートをポストに当ててしまった。

MF
35 安井拓也 ―(90分IN)
アディショナルタイムのみのプレーで、何かをするには時間が足りなかった。
 
監督
トルステン・フィンク 7
狙い通りのビルドアップと攻撃の組み立てで試合を支配。「攻守ともに良いサッカーができた」という手応えを話す。補強した選手を上手くチームに組み込んでいる。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 6:00
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事