ここから本文です

頭の上でストライク!? 仰天の“世界一小さい構え”に米騒然「これは馬鹿げている…」

8/18(日) 10:58配信

THE ANSWER

リトルリーグWSで珍事、ベネズエラ打者が“しゃがみ込み打法”敢行で話題

 野球のリトルリーグワールドシリーズで斬新すぎる打者の構えが話題を呼んでいる。打席内で完全にしゃがみ込み、投手を揺さぶりに出た。その結果は……。米メディアが実際のシーンを動画付きで公開し、「これは馬鹿げている……」「何があったんだ」「どうしてストライクなんだ、頭の上だぞ!」と米ファンを騒然とさせている。

【動画】頭の上でストライク!? 突然しゃがみ込み、取った体勢は…ベネズエラ打者が取った“世界一小さい構え”の実際の瞬間

 子供の発想は無限大だ。リトルリーグ世界一を目指したワールドシリーズで珍場面が起きた。ベネズエラ代表のデイヴィス・オルドネスは17日の試合で5回の打席に入ると、思わぬ行動を取った。ただでさえ小さい体をさっとかがめ、完全に打席内にしゃがみ込んだのだ。

 しかし、バットのヘッドを立てて顔は投手の方向を向き、立っている時のそれと同じように体を揺らしながらタイミングを取っている。ただ、当然、そんな体勢でバットを振ることはできない。投球はど真ん中のストライク。しかも、間近を通過した1球に驚き、尻もちを突いてしまった。ただ、すっと立ち上がり、笑顔で次の1球を待った。

 結局、直後にセーフティーバントで出塁したオルドネス。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「リトルリーグ・ワールドシリーズで少年が斬新な構え、一体何が?」と見出しを打って伝えた。記事内では、オルドネスの狙いを分析。「習慣的にこのアプローチを採用している。投手にボールを投げさせ、打席で有利に立つためだ」と指摘している。

米ファンは賛否両論「馬鹿げている」「ある種の戦略だ」

 一方で、今回は戦略はハマらず。「この投手は打席での唖然とするような光景に惑わされることはなかった」と平静を保った投手についても伝えている。また、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「SportsNation」公式インスタグラムも「チキンリトルと呼ばれる選手が大胆な作戦」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開している。

「この少年はプレーすべきではない」
「これは馬鹿げている……」
「彼は一生、出場停止になるべき」
「コーチが許すとは、馬鹿げている」
「これはリトルリーグで、彼らは子供。落ち着けよ」
「何があったんだ」
「どうしてストライクなんだ、頭の上だぞ!」
「ある種の戦略」
「何これ」
「上手く行かず……」

 コメント欄には賛否両論が上がり、大きな話題を集めていた。なお、オルドネスの構えは不発に終わったが、試合はベネズエラ代表が2-0で勝利している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/18(日) 10:58
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事