ここから本文です

「これは我々の賭けだ」: BuzzFeed の新しい試み「インターネット・ライブ」の中身

8/19(月) 17:01配信

DIGIDAY[日本版]

コンプレックス・ネットワークス(Complex Networks)やリファイナリー29(Refinery29)などのデジタルネイティブなパブリッシャーは、イベントの開催を通じて、自らのブランドに命を吹き込むことに成功している。そうした取り組みがBuzzFeedの手にかかると、インターネットカルチャーをコンピューターの外へ持ち出し、ステージに載せ、映像に記録し、またネット上へ戻す、という形になる。

7月25日、マンハッタンのウェブスターホールにおよそ700人が集まり、「インターネット・ライブ(Internet Live)」の収録が行われた。BuzzFeedが8月4日に動画配信する一種のバラエティ番組だ。制作会社ショー・ショップ(Show Shop)との共同制作となるこのイベントで、BuzzFeedは音楽パフォーマンス、コント、インタビュー、プレゼンテーションと、種々雑多なプログラムを展開した。ラッパーのリル・ナズ・Xから、ソーシャルスターのジョジョ・シワ、ニューヨーク市長ビル・デブラシオまで、多彩なゲストを呼び物にした同イベントは、2019年の春に入ってBuzzFeed社内で企画が持ち上がった。ソーシャルにおける同社の巨大な存在感に、動画とコンテンツの専門知識を組み合わせ、新たなビジネスチャンスを生み出そうというBuzzFeedの次なる試みだ。

「これは我々にとって賭けだ」と、BuzzFeedの最高マーケティング責任者(CMO)ベン・カウフマン氏はいう。「この番組をネットワークに販売するにせよ、ブランドインテグレーションを販売するにせよ、マーチャンダイズを販売するにせよ、ここには本物のビジネスがあると信じている。こんなことができるのはBuzzFeedだけだ」。

制作費はゆうに10万ドル

この賭けには、かなりの金額が注ぎ込まれたことだろう。BuzzFeedは、インターネット・ライブの具体的な制作費を明らかにしなかったが、イベント業界の情報筋2人に話を聞いたところ、同イベントの制作費はゆうに10万ドル(約1000万円)単位にのぼると思われるが、出演ゲストのギャラをどの程度抑えられたかで金額は変わってくるという。

「これだけのアーティストを呼ぶのに、50万ドル(約5000万円)かかったと聞いても驚かない」と情報筋のひとりは話す。ただし、BuzzFeedほどのリーチと影響力があれば、出演料はもっと安く上がった可能性も考えられるという。

カウフマン氏も、具体的な金額は伏せつつも、BuzzFeedの文化的な立ち位置と影響力が役に立ったと明かしている。「BuzzFeedのブランドは、驚くほどにタレントを引きつける力がある。我々がBuzzFeedでなかったら、もっと多くのコストがかかっていただろう」。

それでも、大半のパブリッシャーにとっては大きな金額だ。しかし創設以来、約5億ドル(約544億円)を調達してきたBuzzFeedは、このような実験が許される資金力を備えた数少ないデジタルネイティブのパブリッシャーだ。BuzzFeedの2018年の売上高は3億ドル(約327億円)を超えたが、黒字転換はならなかったと、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は報じている。

1/3ページ

最終更新:8/19(月) 17:01
DIGIDAY[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事