ここから本文です

NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー/単独3位はメジャーで活躍する右腕

8/19(月) 11:04配信

週刊ベースボールONLINE

ファン一人ひとりの胸に宿る甲子園のヒーロー。第100回の大きな節目となった夏の甲子園を前にNPB100人に「甲子園のヒーローは?」とアンケートを実施して「B.B.MOOK1414 ファンが選ぶ名勝負ランキングベスト100」に掲載したのをここに公開。迎えた第101回、新たなるヒーローは誕生しただろうか?

2年の夏には優勝投手に

 さすがNPBの100人というべきか、票が割れに割れる結果となった今回の企画。26人もの選手が1票ずつを獲得して16位に並び、4人が2票で12位タイ、5人が3票で7位タイ、3人が4票で4位タイと、順に紹介してきた。ここで、ようやく初めて、単独での3位となる。5票を獲得したのは、あの右腕だ。

【NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー】
・3位(5票)
★田中将大(駒大苫小牧・投手。ヤンキース)
(出場校とポジション。現在の所属)

 2013年に空前絶後の24連勝で楽天を初優勝、日本一に導き、海を渡って現在はメジャーのヤンキースで活躍を続ける田中将大が単独3位につけた。甲子園での田中といえば、早実の斎藤佑樹(日本ハム)と投げ合った2006年の決勝、引き分け再試合が思い出されるファンも多いだろうが、その前年、05年の夏には2年生の投手として初めて球速150キロを突破し、北海道勢初の夏2連覇に大きく貢献。優勝を決めた瞬間、マウンドで雄叫びを上げた。

 この2年生の夏、優勝投手となった姿を印象に残しているのがDeNAの神里和毅だ。

「2年生で優勝投手になったとき、最後を三振で終わらせたシーンを、よく覚えています」

 ただ、激戦を投げ抜いた翌06年の夏は、この神里にもインパクトを与えた。

「体調が万全じゃなかったと言われていますが、その中で、あれだけのピッチングをしたことは、本当にすごいと思いましたね。そのときは自分も投手をやりたいな、というあこがれがありました」

 ヤクルトの大下佑馬も、

「子どものときから野球をテレビで見るタイプではなかったんですが、あの早実との決勝は別。子どもながらに田中投手のすごさに感激しました。あの試合だけは真剣に見ていましたね」

 と振り返っている。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 11:04
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事