ここから本文です

宮迫博之“吉本解雇”の引き金引いた金塊強盗犯の獄中手記

8/19(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 闇営業で謹慎中の吉本芸人が、8月19日より順次復帰することが発表された。だが、騒動の中心人物である宮迫博之(49)の処遇はいまだはっきりしない。

【動画あり】発端となった宮迫の闇営業動画。詐欺グループ“会長”の妻をギュッと抱きしめたシーン

 闇営業問題に続き『フライデー』が報じた宮迫と反社会勢力との「ギャラ飲み」写真を巡っては、金銭授受を否定する宮迫に対し、吉本は「どちらを信じていいのか困惑している」と異例の声明を発表している。宮迫の処遇、そして騒動収束の鍵を握るのは、件の写真で宮迫の隣でポーズを決める人物の証言に他ならない。男から本誌『週刊ポスト』に送られてきた手紙を公開する──。

〈これを見れば事件後に何が起きていたのか分かると思います。どうか真実が世間に放たれることを願います〉

 400字詰め原稿用紙200枚に及ぶ手記が届いたのは、8月初旬のことだった。

 差出人は、野口和樹(44)。2016年7月、福岡市博多区の路上で7億5000万円相当の金塊を強奪したとして翌2017年5月に逮捕。福岡地裁で懲役9年の実刑判決を受け、勾留中である(現在控訴中)。

 野口の名を世間に広めたのは、金塊強奪事件以上に、宮迫博之の闇営業を巡る一件が大きい。

 今年7月、吉本芸人の闇営業問題に続き、宮迫と反社会勢力の「ギャラ飲み」(金銭授受を介した飲み会)疑惑が報じられたが、この時に反社側の人物として挙がったのが、野口だった。

 宮迫とのギャラ飲みは事実なのか、他の吉本芸人とも繋がりはあったのか。そんな問いかけをしながら野口と手紙のやり取りを続ける中で、送られてきたのが200枚の手記だった。

◆強盗は出来レース

 野口が手記で主に綴るのは、金塊強奪事件の顛末である。事件の始まりは後輩からの一本の電話だったという。

〈「実は、僕の知り合いが、あることをしてほしい……と頼んで来てるんですけど、それというのが、金塊を持ち去ってほしいという事なんですけど……」

(中略)

 問いただすと、後輩は続ける。

「金塊を盗まれたという名目が欲しいらしくて、税金対策で……とか言ってるんですよ」〉(手記より引用。以下〈 〉内同)

1/3ページ

最終更新:8/19(月) 7:58
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい