ここから本文です

夜中の空腹を満たし、快眠をもたらす夜食のススメ

8/19(月) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

寝る前に食べてはいけない食べ物

一方で、寝る前に食べると体内に大惨事を引き起こす食べ物もあります。

消化不良や胸やけ、胃酸の逆流は、深夜にそうしたものを食べた副作用です。ということで、UPMCの睡眠薬センターが挙げている、下記の食べ物は食べないようにしましょう。

糖分や炭水化物を多く含むクッキーやアイスなどのお菓子

脂肪分が多い食べ物

消化しにくく、消化するのに時間がかかる食べ物

具体例をあげるなら、キャンディや揚げ物は避けるべきです。

消化のために多くの胃酸が必要になるスパイスを使った料理も避けましょう。

ハーバード・メディカルスクールの女性の健康研究所は、カフェインやアルコールを含むものは食べないように、と述べています。

寝る前の軽食として、ワインとチョコレートはNGです。チョコレートは身体を興奮させるカフェインを含んでいます。

実は、チョコレートにはアルコールにも似た作用があるんです。また、お酒は眠気を誘うと思っている人が多いですが、実はその逆で、体を興奮させて睡眠の妨げになります。

寝る前は、体に刺激となる食べ物を避け、今回紹介したような軽いものを上手にとって、快眠に役立ててみてください。

Image: Shutterstock.com

Patrick Allan - Lifehacker US[原文]

ライフハッカー編集部

2/2ページ

最終更新:8/19(月) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事