ここから本文です

楽天・石橋良太 代役では終わらない/先発投手の誇り

8/19(月) 12:20配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ初先発は5月5日の西武戦(メットライフ)だった。今季は中継ぎで9試合登板していたが、故障者が出たことで出番が回ってきた。「中継ぎのつもりで投げました」と4回76球で3安打2失点の投球を振り返った。敗戦投手となったものの、平石洋介監督は「本当によく投げてくれた」とチームの苦境に奮闘した右腕を称えた。

 同26日のオリックス戦(楽天生命パーク)では5回3安打1失点の好投で先発初勝利。「勝負どころでしっかりと腕を振って投げることができた」と胸を張った。今季はここまで14試合に先発して3勝5敗。7回以上を投げたのは3試合と、新たな持ち場で必死に腕を振っている。

 8月11日のオリックス戦(楽天生命パーク)では6回2失点の粘投を見せ、救援を含め今季5勝目をマーク。一時は育成降格を味わった苦労人だが、いまや楽天の先発陣には欠かせぬ存在となりつつある。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/19(月) 12:49
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事