ここから本文です

ヤクルト・小川泰弘 復活への足がかりを/先発投手の誇り

8/19(月) 12:45配信

週刊ベースボールONLINE

 今季はここまで20試合に先発して3勝11敗、防御率4.62と、本領を発揮できないままだ。11敗目を喫した8月16日の中日戦(神宮)では初回から乱調の様相で、一死一塁から大島洋平に2ラン、二死一塁から堂上直倫に2ランを浴びていきなり4失点。2回以降は立ち直りを見せたが、5回でマウンドを降りた。

 この日の2被弾で今季の被本塁打数が「20」に到達。これは12球団ワーストの数字となる。これについては「自分でもわからない部分はあるが、結果的に打たれる球は全部高い」と反省する。

 ルーキーイヤーの2013年には16勝4敗の成績を残して最多勝、勝率のタイトルを獲得し、新人王にも輝いた。これまでシーズン2ケタ勝利は2度あるが、昨季まで3年連続1ケタ止まりで、今季も絶望的な状況だ。

 決して大きくない体を目いっぱい使って投げる「ライアン投法」が持ち味。何とか本来の投球を取り戻して、来季へつなげたい。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/19(月) 12:45
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事