ここから本文です

メーガン妃がこれまでに発言してきた、女性たちをエンパワメントする名言5

8/19(月) 18:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

フェミニストであり、さまざまなチャリティにも積極的に参加しているメーガン妃。そんな彼女がこれまでに発言してきた、女性たちをエンパワメントする名言の数々を振り返ってみよう。

【画像】メーガン妃のアイコニックなヘアスタイル変遷を振り返る

「容姿を磨いておしゃれをして、同時に女性の平等のために立ち上がることは可能なのです」

2016年、クリエイト&カルティベート会議にて

「毎日友人と連れ立ってランチに行くような女性にはなりたくなかった。私は小さい頃から、仕事をする女性になりたかったのです。この仕事は私の魂の糧になり、目的のための原動力になっています」

2016年、UK版『ELLE』誌にて

「私は昔から変わらない。そして、自分が付き合う相手によって変わることもありません」

2017年、『ヴァニティ・フェア』誌にて

「何かが間違っている時に、正当性が欠如していて不平等だと感じたら、誰かが声を上げなければならない。私たちは、そのひとりになることができるのです」

2019年、国際女性デー公開討論会にて

「フェミニストになるために、着せ替えごっこは必要ない。今のあなたのままがフェミニストそのものなのです」

2016年、クリエイト&カルティベート公開討論会にて

Translation:Naoko Sugiyama From Harper's BAZAAR UK

最終更新:8/19(月) 18:21
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事