ここから本文です

日産のあの名車(迷車)の絶版理由と復活しない本当の事情

8/19(月) 9:00配信

ベストカーWeb

 どの自動車メーカーにも、世間で話題になったクルマが、絶版となってしまった例は多くある。日産も例外ではなく、1990年代から2000年代にかけて、名車と迷車が何台も絶版となってきた。今回は、そうしたクルマ達に目を向け、その絶版理由と、復活の可能性について、元メーカー開発エンジニアの筆者が考察する。
文:吉川賢一 写真:NISSAN

■稀代の名車(迷車?)日産ラシーンの写真ギャラリー

■ラルゴ(初代1982~、2代目1986~、3代目1993~1999年)

 ラルゴは、元々はバネット(C120型)の上級版、「バネットラルゴ」として1982年にデビューしたクルマだ。この「ラルゴ」とは音楽の速度記号のひとつであり、イタリア語で「幅広くゆるやかに」を意味する。豪華な内装や快適装備を備えた、高級ワンボックスカーにふさわしい名前として命名されたそうだ。

 3代目になり、車名から「バネット」が外れて「ラルゴ」となり、5ナンバーサイズのセレナ(C23型)の高級版として、3ナンバーサイズの大きな車体を与えられ、パワフルなエンジンと快適な装備を持っていた。

 さらに、エアロパーツをとりつけた、「ハイウェイスター」がヒットし、20代~30代の若い層の支持も得ることに成功した。しかし、90年代末の日産の倒産危機の際に、コスト削減の一環として行われたラインアップ縮小の煽りを受け、1999年に販売終了。ハイウェイスターのグレード名ごと、「セレナ」と「エルグランド」にその座を明け渡すことになった。

【復活の可能性は?】
 今後、「ラルゴ」名の復活の可能性は低いだろうが、アルファード&ヴェルファイアに対抗できる、「超上級ミニバン」は、日産としても何か方策を必死に考えているであろう。

■ラシーン(1994~2000年)

 1993年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカーが絶賛され、その流れを受けて市販化が決定したラシーン。「Be-1」や「フィガロ」といったパイクカーのテイストを含んだ、どこかレトロなデザインのクルマだ。

 絶版から20年目を迎えるが、2019年の現在でも中古車市場にはラシーン専門店があるという。購入されるお客様は、このラシーンの持つシンプルなキャンバス感を「オシャレ」として、ライフスタイルに落とし込んでいるようで、シンプルにスチールホイールで乗るのが流行りだという。

 クルマに傷がついて錆が出たとしても、返ってその緩さが「カッコよく」見えるのは不思議だ。このように、時間がたつほどに味が出る日本車は、珍しい。

【復活の可能性は?】
 復活の可能性は低いだろう。なぜなら、「自動車メーカーが生み出す最新のクルマよりも過去のクルマが売れる」、という可能性を認めることになるからだ。自動車メーカーは、「新車」を買ってもらわなければ、ビジネスが成り立たない。

 しかし筆者は、そのすべての新車が、「最新のクルマ」でなくてもいいのでは、と考える。必要な安全基準を満たし、ある程度の先進安全装備を備え、このままの姿で、ラシーンを復活させていただきたいと、個人的にも願う。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事