ここから本文です

村橋舞(立教大)と小池颯紀(園田女子大)の4年生2人が準決勝で激突 [インカレテニス]

8/19(月) 7:04配信

テニスマガジンONLINE

「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦7日目。男女ともにシングルス準々決勝と日没順延となっていたダブルス3回戦、準々決勝が行われ、単複ともにベスト4が出揃った。

2019年度 全日本学生テニス選手権大会|トーナメント表

 2人の4年生がベスト4に残った。まずは第13シードの村橋舞(立教大4年)だ。第8シードの竹本琴乃(明大)との4年生対決を6-4 6-3のストレートで制し、ベスト4へ一番乗りを決めた。

 昨年は突破できなかった準々決勝を今年は見事に突破した。「自分でも驚いています。最後のインカレなので、とにかく自分の力を出しきろうと」と村橋が言う。いきなり4ゲームを連取されたが、攻めの姿勢を貫いて追いつき、追い越した。

 細身だが、パワフルなストロークが持ち味。中に入って相手を左右に振り、展開を作って勝負する。序盤は竹本にそれをやられたが、途中から形勢逆転。最後は勝ちを意識して硬くなったが、ストレートで逃げ切った。

 もうひとりの4年生は小池颯紀(園田女子大)だ。第9シードの吉田安佐(関学大3年)との関西対決を6-2 6-1でものにし、インカレ初の4強進出を決めた。村橋とともに小池も昨年はベスト8に終わっていた。

 今年は第2シードからの出場。「シードは関係ない。それよりも自分のプレーができるかどうか」と小池。今日の試合は中盤で少しもたついたが、よく動けていたし、自分のプレーができていたと納得の表情だった。

 1年生のスーパールーキー、佐藤南帆(慶大)は第7シードの岩井真優(筑波大4年)に6-3 6-1の快勝。「タフな試合だったけれど、緩急をつけてタイミングをずらすなど、自分から攻めていけた」と笑顔を見せた。

 小さな身体をフルに使ってプレーしている。テンポよく、無理をせず、本人が言うように緩急をうまく使い、着々とポイントを重ねていく。佐藤は永田杏里(慶大1年)と組んだダブルスでも準決勝進出を決め、単複2冠の可能性が残されている。

 吉田明日香(明大)は伊藤日和(同志社大)との2年生対決に6-2 6-4で勝利し、ノーシードから準決勝へ進んだ。第2セットは1-3とリードされたが、自分のペースに戻すことに成功し、ストレートで決着をつけた。

「今日もチャレンジャーの気持ちを忘れずにプレーできた」と吉田。勝利を意識することなく、最初から最後まで集中できたと言う。気持ちを乱すことなく、淡々とポイントを重ねていった。

 準決勝は、小池と村橋の4年生対決、そしてノーシードの吉田が1年生の佐藤と対戦する。
 
 本戦8日目となる19日は、男女ともにシングルスとダブルスの準決勝が行われる。試合開始は10時の予定。

(編集部◎牧野 正)

最終更新:8/19(月) 7:04
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事