ここから本文です

腸まで届きやすい「植物性乳酸菌」を含む食品とレシピ

8/19(月) 12:04配信

ウィメンズヘルス

植物性乳酸菌のメリット3.食物繊維も豊富

植物性乳酸菌を含む食材の多くは食物繊維も豊富。食物繊維はプレバイオティクスと呼ばれ、腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす働きがある。また、生活習慣病や老化の防止に有望だと考えられているバイオジェニックスも同時に摂取できる。

簡単!「みそパチョ」の作り方

実際に植物性乳酸菌を食生活に取り入れるためのレシピをご紹介。関先生が教えてくれたのは、八丁みそを使ったガスパチョ(略してみそパチョ)の作り方。

【材料】
トマト 200g 中1個
黄パプリカ 50g 1/4個
きゅうり 50g 半分
にんにく 小さじ1/8
八丁みそ 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1
水 50ml

【作り方】
全ての材料を、ミキサーに入れて滑らかになるまで混ぜる。(にんにくは辛いときがあるので量は調整してください)

【レシピのポイント】
「トマトのリコピンとみそに含まれるメラノイジンという抗酸化物質が合わさることで相乗効果の抗酸化作用を発揮します。美肌や貧血が気になる女性の強い味方! 夏の紫外線を浴びた肌に最適なみそパチョです。みそは塩分濃度が高いと思われていますが、このレシピのように塩の代わりに使うことでむしろ減塩になりますし、栄養価や旨味も増して良いことづくめです。ミキサーがない場合は全ての材料をおろし金でおろしても大丈夫です! 八丁みそがない時はご家庭にあるおみそでも代用できます」

健康なライフスタイルを維持するために欠かせない植物性乳酸菌。これを機会にもっと積極的に食生活に取り入れてみては?

監修:関由佳先生
内科医、みそソムリエ、メディカルフード研究家、野菜ソムリエ専門は予防医学、栄養療法。2013年にNYで料理専門学校に留学してChef’s Trainingディプロマ取得、その後約半年間ミシュラン星つきレストランや精進料理店などでインターン経験。NYでみその魅力を再発見し、帰国後にみそソムリエ取得、メディカルフード料理研究家としても活動している。また、アーユルヴェーダなど世界のメディテーションについても学ばれた経験を持つ。

2/2ページ

最終更新:8/19(月) 12:04
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事