ここから本文です

調査で判明!世界で女性が安全に暮らせる国ランキング

8/19(月) 7:05配信

コスモポリタン

女性であることは、けっして楽ではないもの。男女間の賃金格差、月経をはじめとする身体的な違い、セクハラなど、女性が抱える困難や闘うべき不平等は少なくありません。
さらに、女性が性犯罪の被害者になりやすいことを考えれば、女性にとって住みやすい国とそうではない国があるのは当然。そこで、女性にとって世界でもっとも安全な国ランキングを、コスモポリタン アメリカ版から紹介します。

コンサルタント企業「New World Health」が、富の観点から世界の国や都市を評価した調査報告書「2019 Global Wealth Migration Review」を発表。そのリストのひとつに、女性がもっとも安全に暮らせる国がランキング形式で報告されており、長い目で見た一国の経済成長と、女性が安全に生活できるという事実に、確かな相関関係が認められるという結果が。

このランキングは、レイプ、人身売買、アシッドアタック(顔や体に硫酸をかけてけがを負わせる)、暴力、奴隷化といった「女性が標的とされる犯罪」を指標にしています。

女性が安全に暮らせる国トップ5

1位:オーストラリア

2位:マルタ共和国

3位:アイスランド

4位:ニュージーランド

5位:カナダ

ヨーロッパ圏内で女性が安全に暮らせる国トップ4

1位:マルタ共和国

2位:モナコ

3位:アイスランド

4位:スイス

評価の方法は、分析者が各国の犯罪データを収集し、犯罪の被害者となった女性の数を女性の人口で割り、その割合が「低い国=安全な国」と認定するというもの。注目すべきは、調査の対象となった195カ国のうちわずか58カ国だけが「おおよそ信頼できる犯罪統計」を提供することができたという点で、ランキングはその58カ国のみから統計されたということ。しばしば、渡航に際して注意が必要な国として挙げられる南アフリカやインドは「おおよそ信頼できる犯罪統計」を提供している58カ国にあり、この2カ国の実際の安全度は世界的にみて中間程度ではないかとのこと。

日本は?

また、気になる日本に関しては、アジア太平洋地域でみるとオーストラリア、ニュージーランドに次いで3位にランクイン(ちなみに4位は韓国)。また、同じ国内でも大都市の方が安全性が低い傾向があるようなので、生活するにせよ、旅行するにせよ、滞在場所の選定にはぜひともこうしたデータを参考にしましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:8/19(月) 7:05
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい