ここから本文です

グウィネス・パルトロウ、マーベル映画でサミュエル・L・ジャクソンと共演していたことを忘れていた

8/19(月) 21:40配信

エスクァイア

 グウィネス・パルトロウは様々な顔を持つ女性です。

 彼女はアカデミー賞受賞歴もある女優であり、起業家であり、そしてテレビドラマシリーズ『glee/グリー』にゲスト出演した回数が最も多いスターという意外な面も彼女にはあります。ただし、そんな彼女は、自分も出演しているマーベル映画にはそれほど関心がないようです。マーベル・スタジオの責任者であるケヴィン・ファイギ氏が最近のインタビューで明かしたところによると、パルトロウはサミュエル・L・ジャクソンがマーベル映画に出演していることも忘れていたそうです。 
 
 オンラインメディア「エンパイア・オンライン」とのライブQ&Aの中で、ファイギ氏は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の中にある葬儀の場面(歴代のマーベル作品出演者の多くが顔を揃える場面)について話をしていました。

 「グウィネス・パルトロウは、『サム・ジャクソンがどうしてここにいるの?』と尋ねてきた」とファイギ氏は語っています。「すると、他の出演者たちが即座に話に加わり、『キミはいったい何の話をしているんだ? ジャクソンはニック・フューリー役で出演していたじゃないか! キミもいくつかの作品で彼と共演していただろう』と説明しました。あの出来事は本当に何か奇妙なことでしたよ」と、ファイギ氏は当時を振り返りました。 
 
 パルトロウは過去に何度か、マーベル映画の共演者を忘れてしまったことが報じられていました。

 例えばジョン・ファヴロー(『アイアンマン』で監督を務めたことで知られる)の『ザ・シェフ・ショー(The Chef Show)』にゲスト出演したときには、ファヴローが『アベンジャーズ』で共演していたパルトロウに、二人とも『スパイダーマン:ホームカミング』に登場していたことを思い出させなくてはなりませんでした。それに対してパルトロウは、当初「私たちは『スパイダーマン:ホームカミング』には出ていなかった」と言い張っていましたが、ファヴローが同作品中の記者会見の場面に二人が登場していたことを思い出させて、ようやく考えを改めました。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 13:25
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事