ここから本文です

KISS、ついにラストツアー! 最後の来日公演を見逃すな!!

8/19(月) 17:30配信

GOETHE

12月にKISSが日本でのラストツアーを行う。あのエンタテインメントに徹したステージを観られるのも今回きりだ。

KISS史上最大級のステージセット

KISSというバンドは、いい意味でビジネスマン集団だ。どうすれば自分たちのファンが喜ぶかがよくわかっていて、きちんともてなしてくれる。セットリストは、ファンが聴きたい曲を躊躇せずにずらりと並べる。「デトロイト・ロック・シティ」も「ロックン・ロール・オールナイト」も毎ツアーはずさない。


今回すでに全米ツアーを行っているので、セットリストをチェックしたら、オープニングから「デトロイト・ロック・シティ」「地獄の叫び」で盛り上げている。「べス」も「ロックン・ロール・オールナイト」もきっちりやっている。代表曲とまではいかなくても、ファンが大好きな「ラヴ・ガン」はやる。かゆいところに手が届くショーになっているのだ。チケット代を払ってくれた人にはしっかり満足して帰ってもらうよ、という意思。そこにまったくぶれはない。言い方を換えると、ビジネスのためにはプライドも切り売りするタフさを持っているロックバンドなのだ。

だから、ファンが喜ぶと思えば、あれだけ激しくののしり合った、オリジナルメンバーのピーター・クリスやエース・フレイリーとも一時期は手を組んだ。

ステージではベースを弾き、火炎を吹き、血を吐く、ジーン・シモンズに1度インタビューをしたことがある。2017年に、自分のソロ作(なんと$2000のボックスセット)のプロモーションで来日したときだ。


インタビューといっても、ジーン・シモンズという人は、質問に対する答えを話すことはしない。自分がしゃべりたいことをしゃべる。つまり、インタビュー時間いっぱいプロモーションする。自分が売りたい音楽について語る。自分の自伝について語る。アメリカで展開しているレストランチェーンについて語る。あまりにも徹底していて、こちらは腹も立たない。愉快にすら感じる。

彼が売り込みに来たその豪華ブックスセットの音源も聴かせてくれたが、大ゲンカしたと伝えられている、ピーター、エースをはじめ、その後参加したブルース・キューリックやKISSのキャリを通してのビジネスパートナー、ポール・スタンレーも参加している。さらには、エアロスミスのジョー・ペリー、ヴァン・ヘイレンのエドワード・ヴァン・ヘイレンとアレックス・ヴァン・ヘイレン。そして、ボブ・ディランもクレジットに名を連ねていた。

ジーン・シモンズとボブ・ディランの接点などまったく思いつかないので、親しいのか?と訊ねてみた。すると、あっさり「NO」と答えた。


「1992年のある日、オレは、ふと、ボブ・ディランと一緒に曲を書きたいと思ったんだ。オレは若いころから、何かが欲しくなったら、欲しい! と言わずにはいられない性格でね。すぐに、彼のマネージャーに電話をかけた。オレは、ボブ・ディランと一緒に曲が書きたい。YESかNOか、できるだけ早く返事を聞かせてくれ。そう言ったんだ。そして、その2日目には、ボブ・ディランがビバリーヒルズの我が家にやってきた。オレだって、自分のことはある程度はわきまえている。ボブ・ディランに比べたらどれだけ自分がちっぽけな存在なのか、ちゃんと理解しているつもりだ。でも、ボブ・ディランだって、実際に会えば、ふつうの人間だ。きちんとした態度で臨めば、きちんと返してくれる」

あまりにも率直に話をしてくれた。

そして、自分の好きな音楽をやりたくなってきたとも話した。そのために、KISSのほかに自分のバンドを楽しんでいるとも言った。そのバンド用に書いている曲はハードロックではないそうだ。どんな曲ですか? と訊ねると。

「ビートルズのような曲だ」

即答だった。KISSとはまったくテイストが違うらしい。そこで、ビートルズで一番好きな曲は? と訊いた。

「『アクロス・ザ・ユニバース』だ」

やはり即答だった。ジョン・レノンが神への感謝を歌った温かい歌詞が印象的な曲だ。そういう作品を100曲以上書いたといって胸を張った。ジーン・シモンズは、ベースはもちろん、自分でギターを弾き、キーボードを弾き、エンジニアリングも行ったという。

彼の実像が、少しだけ見えた気がした。


END OF THE ROAD WORLD TOUR
日程:12月8日(日)ゼビオアリーナ仙台、12月11日(水)東京ドーム、12月14日(土)盛岡タカヤアリーナ、12月17日(火)京セラドーム大阪、12月19日(木)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
料金:SS席25,000円、S席20,000円、A席15,000円


Text=神舘和典 Photograph=Keith Leroux

最終更新:8/19(月) 17:30
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事