ここから本文です

山尾玲貴(関大3年)がファイナルタイブレークの死闘を制して4強 [インカレテニス]

8/19(月) 8:01配信

テニスマガジンONLINE

「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦7日目。男女ともにシングルス準々決勝と日没順延となっていたダブルス3回戦、準々決勝が行われ、単複ともにベスト4が出揃った。

2019年度 全日本学生テニス選手権大会|トーナメント表

 第10シードの山尾玲貴(関大3年)と田形諒平(筑波大2年)の準々決勝は最後の最後までもつれた。第1セットを山尾が6-1で奪えば、第2セットは6-3で田形が奪い返す。最終セットは一進一退の攻防からタイブレークに突入し、山尾がポイント7-2で制して勝利の雄叫びをあげた。

 最終セットの終盤はブレーク合戦となったが、それは両者の体力消耗が大きかったからだろう。炎天下の中、すでに試合時間は3時間を超えていた。田形の足は限界で、山尾も苦しそうだった。「応援の力で頑張れた。最後は1ポイント、いや1球ずつと思って戦った」と山尾が勝因を口にした。

 第3シードの田中優之介(早大3年)と第5シードの川橋勇太(筑波大4年)の一戦も3時間を超えるフルセットマッチだった。6-2 2-6 6-4のスコアで勝ったのは川橋。「相手のハイパイフォーマンスに押されたけれど、最後は何とかミスを引き出せた」と安堵の表情を見せた。

 第2シードの今村昌倫(慶大3年)は第8シードの松本樹(近畿大4年)に7-5 6-3のストレート勝利。第1セットを2-5から5ゲーム連取で7-5と先取すると、第2セットは相手のミスが増え、今村のペースとなった。

「最初は身体が思うように動かなかった」と今村。前日のダブルスは足が動かずに試合途中でリタイア。その影響もあっただろう。だが、徐々に調子を上げ、得意のストロークで押しきった。慶大男子では単複を通じて唯一の勝ち残り。「みんなの分まで頑張りたい」と強い口調で語った。

 ベスト4へ一番乗りを決めたのは第7シードの松田龍樹(近畿大2年)だった。第4シードの岡垣光祐(法政大3年)を序盤から圧倒し、6-1 6-2とわずか3ゲームしか与えなかった。

 岡垣のバックを封じ、フォアにボールを集めた。しっかりと足を動かして中に入り、岡垣のミスを誘い出した。大会前は調子が悪くて不安だったと言うが、試合を重ねるごとに自分のプレーができている。落ち着いた試合運びで準決勝進出を決めた。

 準決勝は、川橋と山尾、今村と松田の対戦となり、2試合とも東西対決となる。4人ともすでにダブルスでは敗れており、2冠の可能性はないが、誰が勝っても初優勝だ。
 
 本戦8日目となる19日は、男女ともにシングルスとダブルスの準決勝が行われる。試合開始は10時の予定。

(編集部◎牧野 正)

最終更新:8/19(月) 8:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事