ここから本文です

植松晃士のラグジュアリーお悩み相談「やめようと思うのについ… 噂話が好きすぎる」

8/19(月) 18:10配信

25ansオンライン

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、エレ女たちのお悩みを美容で解決する本連載。今回のお悩みは、「やめようと思うのについ…噂話が好きすぎて悩んでいます」-32歳・金融

〈回答〉状況に気づく客観性を相手選びと度合いに生かして!

やだ~、この方イタイわ~!
でもね、ポジティブシンキングの植松さんに言わせると、“周囲の人が引いてる”ってことに気づいているだけでもあなたは十分救いがありますよ。

あなたのような性分の方って少なからずいると思うけれど、噂話をしたくなってしまう衝動はそう簡単に止められないと思うので、してもいいけれど“相手を選ぶ”ってことかしら。
ゴシップメイトを確保して、噂大好きな価値観を共有できる相手とともに、そのとりとめもない時間をともに過ごす幸せを味わってください。

あなたより度を越したゴシップ好きと過ごしていれば、“人のふり見て我がふり直せ”じゃないけれど、ちょっと自分も気をつけよう、と思うかもしれませんよね。
人ってそうやって学びながら大人になっていくものだから。

まぁ、噂話なんて万葉の時代から文化みたいなものだし、身内の“時事ネタ”みたいなもので、コミュニケーションとして必要ではあるけれど、問題はその加減ですよね。
相手の気持ちとの距離感がつかめないのは完全にマナー違反。そもそもそこにいない人の話をするのって、言いすぎちゃった後とか、心がぽっかり虚しくなったりしませんか?
無駄なことにエネルギーを使いすぎないようにしましょうね。

それでも噂話中毒から抜けられそうにないなら、ゴシップリポーターに転職するのが一番です!
情報雑誌の中では必要な職能ですから、あなたの個性が有効活用されますよね。

さて、美容で解決するとしたら?
おそらくあなたは心のどこかで、自分が美味しいネタを持っているということで注目されたいとか、自分たちを正当化して仲間内でポジションを高めたいという思いが隠されているのではないかと思います。

なので、メイクで人の注目を集めてしまうのはどうでしょう?
キラキラのアイメイクを施して、みんなに注目されれば、それで満足するかもしれないし、むしろ噂をされる側になったりすれば、“ああ、知らないところで噂されるのってこんな気持ちなんだわ…”と実感して、慎むようになるかもしれませんよ。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 18:10
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事