ここから本文です

本当に大事な瞬間にだけ動作させたい、2738年間動き続けるタイマー「Time Since Launch」

8/19(月) 20:01配信

FINDERS

動き出したら止まらないので使うタイミングは慎重に

クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達中の「Time Since Launch」は、2738年間時を刻み続けるタイマーだ。

このタイマーは、ピンを抜くと動作を開始。そして止めることができない。

表示部には経過日数、時、分、秒が表示され、最大99万9999日、23時間59分59秒の表示が可能。繰り返しになるが、動き出したら止められない。

電源は単三形エネジャイザーL91 Ultimate Lithium電池が2個。電池の推定寿命は40年。電池交換タイミングの6カ月前にディスプレイ上に通知が表示される。電池交換の際でもタイマーが止まることはない。

また、100%電池切れになった場合は、電池交換をしても動かない仕組み。これはリセットを防止するためで、開発元に送付して修理をしなければ再稼働できないようになっている。

結婚式や出産のギフトとして、または知人の起業や開店祝いなどに送るのもいいだろう。

すでに目標金額は達成済み。現在2万4138円(税込)から支援ができる。商品は2019年10月末までに発送予定となっている。

三浦一紀

最終更新:8/19(月) 20:01
FINDERS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事