ここから本文です

【RIZIN】朝倉海「もう一回やりましょう」と堀口恭司とのツーショット公開、兄・未来は「RIZIN10連勝だ」

8/19(月) 12:03配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『RIZIN.18』のメインイベントで、RIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)を1R1分08秒、KOで破り、一躍“時の人”となった朝倉海(トライフォース赤坂)が試合後にSNSを更新。

【写真】試合後、抱き合って勝利を喜ぶ朝倉兄弟

 まず試合直後に「勝ったよ!不可能なことなんてなにもない!」と世紀の大番狂わせを現実のものとしたことをファンに報告。続いて一夜明けた今朝、「対戦を受けてくれた堀口選手に感謝です。もう一回やりましょう」との言葉とともに、両者笑顔のツーショットを公開した。

 両者ともに試合後のコメントで「次はタイトルを懸けての再戦」を口にしており、タイトルマッチで再戦が行われることは必至。RIZINマットの堀口恭司・那須川天心の二強時代に朝倉兄弟が台頭してきたことにより、年末へ向けてさらなる盛り上がりを見せそうだ。

 また、バンタム級四天王と呼ばれる石渡伸太郎、扇久保博正、佐々木憂流迦、元谷友貴、そして堀口の首を狙って参戦してきたDEEPバンタム級王者ビクター・ヘンリー(米国/UWF USA=トレント・ガーダムに後ろ三角絞めで一本勝ち)と水垣偉弥をKOしたマネル・ケイプ(アンゴラ/AKAタイランド)の存在もあり、堀口・朝倉海を中心とするバンタム級戦線が一気に過熱。誰が朝倉に土を付けるのかも注目されるところだ。

 弟・海の勝利を予告していた兄の朝倉未来は「さすが弟。すごいよ」と試合直後にSNSでコメントし、一夜明けた今朝には「RIZIN 10連勝だ #朝倉兄弟」と、2人合わせて無傷の10連勝を飾ったことを誇った。

最終更新:8/19(月) 12:03
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事