ここから本文です

ブラッド・ピットのミネトンカがほしい! ──映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のスタイル

8/19(月) 12:27配信

GQ JAPAN

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がいよいよ日本公開。そこに出演するブラッド・ピットによる、超COOLなLate 60sスタイルは絶対流行る!

【ブラッド・ピットのミネトンカを見る!】

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日に日本で公開される。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演によって見どころが満載のなか、ここではファッションに注目したい。映画の舞台はヒッピー文化が盛りあがる1969年のハリウッドで、衣装はLate 60sのムード全開だ。

とりわけ、劇中でスタントマンのクリフ・ブースを演じるブラッドのファッションがたまらない。思わず、スクリーンに向かって “ブラピ、かっこいい!”と叫びたくなるほど!

ブラッドが見せた、男くささがたまらないラフな夏スタイルを再現するのに必要なアイテムは下記の3点のみ。

1. ラフなTシャツ

薄地のコットンTシャツが主役のスタイル。イエローやオフホワイトなど、淡色をベースにしたもので、ワンポイントのグラフィックやロゴが入れば◎。体にフィットするサイズ感がちょうどいい。ブラッドが着用したTシャツには、「Lion’s Raceway」のフレーズと獅子の頭がかすれ気味にプリントされている。レトロでかわいい!

2. ワイルドさを引き出すジーンズ

ブラッドが演じるクリフは、TV俳優のリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のスタントマン兼付き人。それゆえ、カジュアルかつワイルドな着こなしが彼のシグネチャー・ルックだ。基本、Tシャツに合わせるのはブルー・ジーンズ。写真のブラッドが穿いているのは、おそらく「リーバイス 501 66後期モデル」だろう。ストレート・フィットで、まだら状に自然と色落ちしたシンプルな1本。

ブラッドの60sルックを再現するだけでなく、日々のコーディネートにも取り入れやすいのがヴィンテージ・ジーンズのいいところ。1本もっておくと便利だ。

3. ミネトンカがカムバック! フリンジ付きブーツ

Late 60sの足元といえば、ミネトンカのフリンジ付きブーツ抜きには語れない。ブラッドが劇中で履いたのは、ミネトンカが1969年(映画の背景設定と同じ年)にリリースしたメンズ・シューズ「Two Button Hardsole Boot」。茶色のソフト・スウェード素材はブルー・ジーンズと相性抜群。ブーツの外側に飾られたコンチョがシャープなアクセントを加える。

映画のアメリカ公開(7月26日)に合わせて、ミネトンカはこのブーツを復刻発売した。作品がアメリカで大ヒットしている上、69.95ドルという手頃な価格のため、ブラッドのブーツは一時期品薄となっていた。

(※同ブーツはミネトンカの日本公式オンラインショップにて8月19日より予約販売を開始する予定)


完コピしたい場合…

大きなバックル付きで幅太めのカウボーイ・ベルトやレザーブレスレット、ビッグフレームのアビエーター・サングラスなど、レトロな小物を揃えれば完璧に真似できる。この夏、あなたもブラッド・ピットになれるかも!?

Winsome Li (GQ)

最終更新:8/19(月) 12:27
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事