ここから本文です

早めに始めて老後に備える!投資初心者でも始めやすい“ほったらかし投資”4つのポイント

8/19(月) 19:10配信

集英社ハピプラニュース

最近よく耳にする「投資」という言葉。

「大きな貯金がない」「相場を見るのは大変」と、投資なんてムリ!と思っている人でも大丈夫。

初心者さんでも1000円程度で始められ、“ほったらかし“でできる投資法を、家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー横山光昭さんにうかがいました!

教えて横山さん! 話題の「ほったらかし投資」って、なんでいいの?

家計再生コンサルタント 横山光昭さん
ファイナンシャルプランナー。
貯蓄できる家計に変える専門家として、個別相談や雑誌連載、講演、テレビ出演などで活躍中。『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)等、著書多数。

Q. 投資って、お金持ちがするものでしょ?
A. 今は月100円からでも始められます

Q. 投資って、なんとなく危なそう
A. リスクゼロにはできませんが、減らすことはできますよ

Q. 投資って、めんどくさそうですよね
A. 設定は最初だけ。あとは、ほっておいて大丈夫です

Q. そもそも、なんで今、投資なの?
A. 銀行に預けているだけでは、将来の心配が消えないからです

時間が最大の味方!「ほったらかし投資」始めどきです

“投資”という言葉を聞くと、資産家がパソコンの画面を開き、相場を四六時中見続ける……そんなシーンを思い浮かべるのでは?

「いえいえ、投資はお金持ちだけのものではなく、今は初心者さんでも少額で気軽にできるんですよ」と、家計再生コンサルタントの横山光昭さん。

「最近は少額で、世界中の資産に簡単に投資できるようになりました。相場を気にすることなく、プロにお任せして、“ほったらかし”で大丈夫です。
人生100年時代と言われます。仮に60歳で退職して、退職金と年金だけで40年間暮らせるかといったら難しいですよね。しかも、少子高齢化により将来受け取れる年金が減ることが予想されています。節約などのやりくりで乗り切るのも困難ですから、早いうちから自分でお金をしっかり準備しておく必要があるのです」(横山光昭さん)

そうとはいえ、貯金をするのには限界があるもの。そこで、“投資”によって少しずつ増やしていくことも重要だと言います。

「政府は“税制優遇”という形で投資を後押しする仕組みを作っています。例えば、つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金の愛称)という制度なら、投資で得た利益に約20%の税金がかかりません。
さらにiDeCoなら、積み立てた金額を所得から差し引かれて税金が計算されるので、節税にもなります。まさに今は、投資の始めどきなんですよ」(横山光昭さん)

「でも投資なんて怖い、よくわからない」という人でも始めやすいのが、「ほったらかし投資」です。

1/3ページ

最終更新:8/19(月) 19:10
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい