ここから本文です

世界が認める一流サーキット富士スピードウェイで走行チャレンジ! 初心者でも楽しめるプログラムを用意

8/19(月) 17:50配信

Auto Messe Web

FISCOライセンス夏キャンペーンは9月30日まで

 サーキット走行は、なんだか危ないと思っている人もいるかもしれない。だがしかし、対向車やおまわりさんもいないし、オービスもないのでストレートで思い切りアクセルを踏むだけでも楽しい。街中では味わえない“非日常“な時間を味わうことができるわけだ。

サーキットでのナイトランが楽しめるのも魅力的だ

 そんな貴重なサーキット走行体験ができる「FISCOライセンス夏キャンペーン」を、富士スピードウェイは9月30日(月)まで開催している。国際レーシングコースとショートサーキット、2つのコースが体験できる初心者向けサーキット走行プログラム「Driving Challenge Tour」を夕刻から夜間にかけて実施するというものだ。
 「富士SUPER TEC 24時間レース」のナイトセッションのようなナイトランが味わえるというユニークな企画は同乗者も体験可能な先導車付きの走行のため、彼女などと一緒に参加するのもいいかもしれない。

 開催は9/3(火)、9/25(水)で集合時間17:30、1開催あたり18台(ヘルメット・グローブは不要)だという。参加料金は1台7,200円だがFISCOのサーキットライセンスがない場合ライセンスパックなどの経費がかかる。

 また、「TRY!スポーツ走行」として、これからサーキット走行にチャレンジしてみたいというユーザーに向けた、おすすめのプログラムも用意。サーキット走行に関するアドバイスや、注意事項を学べるミーティングを実施後、先導車付の慣熟走行を行なったうえでタイム計測付きのスポーツ走行ができるというものだ。
 キャンペーン期間中にFISCOライセンスを取得すると、ライセンス料金も割引となりオトクだという。さらに、当日ライセンスを取得したユーザーに限り、走行後メインストレート上(ゴールブリッジ付近)での記念撮影ができるという特典も嬉しい限りだ。

 スポーツ走行にはレーシングコース16,800円/1台、ショートサーキット10,300円/1台のふたつがあるがともに開催日 (予定)は9/5(木)、9/9(月)、9/24(火)、それぞれ募集台数に限りがあるので興味のある方はお早めに。

Auto Messe Web編集部

最終更新:8/19(月) 17:50
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事