ここから本文です

グーグルが次期「Pixel」に搭載するジェスチャー操作は、あらゆるデヴァイスとのやり取りを激変させる

8/19(月) 18:11配信

WIRED.jp

グーグルが秋に発売予定のスマートフォン「Pixel 4」が、ジェスチャー操作に対応する。画面の前で手を振ったり、指で何かをつまむような仕草をすればコントロールできるこの技術は、スクリーンに触れない未来の一部を垣間見せてくれるものだ。iPhoneがタップやスワイプという動作を普及させたように、Pixelがデヴァイスとのやりとりの方法を根本から変えていく可能性を秘めている。

魔法のような技術の登場につながるか

2007年に登場した初代「iPhone」の最大の特徴はタッチスクリーンだった。このとき市場を席巻していたブラックベリーやノキアの端末とは違って、指先で画面に触れるだけでまるで魔法の杖でも持っているかのようにアプリを開くことができたのだ。

それ以来、タッチスクリーンは「スマート」なテクノロジーとは切り離せないものになっている。最近はノートパソコンやテレビ、冷蔵庫など、さまざまなものに触れると反応するスクリーンが付いている。いまや小さな子どもたちは、平らな表面なら何でも指でつつけば何かが起きるはずだと考えているようだ。つまり、タッチスクリーンは普遍的なテクノロジーに成長したのである。

こうした状況で、グーグルが新しいテクノロジーを導入しようと画策している。開発中の次世代スマートフォンに、目に見えない指揮棒を振り回す指揮者のような動きでデヴァイスに指示を出せる技術を搭載するというのだ。

主力のスマートフォンの最新モデルとなる「Pixel 4」は10月に発売予定だが、ジェスチャーによる操作が可能になる。スクリーンに触らなくても、手を振ったり、指で何かをつまむような仕草をすればコントロールできる。

デヴァイスと身体の同化が加速する

グーグルはこの技術を「モーションセンス」と呼んでいる。YouTubeにアップロードされた動画では、女性が顔認証でPixelのロックを解除し、手でスワイプの動作をすることで音楽を聴く様子が紹介されている。20秒程度の動画だが、見ているとスティーブ・ジョブズが初代iPhoneをお披露目したときに「魔法みたいに操ることができる」と言っていたのを思い出す。

Pixel 4のジェスチャー操作の数は少なく、発売時点ではアラームのスヌーズ機能、曲送り、着信音の停止にしか対応していないようだ。それでもユーザーがジェスチャー操作に慣れるころには、すでに大きな変化が起きているだろう。

ジェスチャー操作が進化していけば、例えば指を動かすだけで画面を切り替えるといったことが可能になる。近い将来、手首をちょっと動かすだけで、携帯電話だけでなく周囲のデヴァイスすべてを操作できる日がやって来るかもしれない。スマートデヴァイスと身体との同化がさらに進むのだ。

グーグルが今回明らかにしたモーションセンスは、スクリーンに触れない未来の一部を垣間見せてくれる。iPhoneがタップやスワイプという動作を普及させたように、Pixelがデヴァイスとのやりとりの方法を根本から変えていく可能性もある。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 18:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事