ここから本文です

日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

8/19(月) 18:33配信

ニューズウィーク日本版

<市民や市民団体の草の根交流を維持・活性化しながら、企業間で解決策を模索し、協力関係を維持すべき。お互いの痛いところを付きまくらず、相手を傷つけるような言動を抑制する心構えを...>

<日韓共にホワイト国から排除>

日韓関係に改善の兆しが見えない。

日本政府は7月4日から輸出許可取得の手続きが簡素な「包括輸出許可制度」の対象から韓国を除外し個別の許可制とした。最初に対象となったのは、半導体の洗浄に使う「フッ化水素ガス」と半導体の基板に塗る感光材「レジスト」、そして高精細テレビやスマートフォンのディスプレーに使われる「フッ化ポリイミド」の3品目であり、今回の措置により、これら3品目の輸出には、経済産業省の審査に最大3カ月の時間がかかるようになった。

【写真特集】韓国の抗議デモがなんだかスゴイ

さらに、8月2日の閣議では、輸出先として信頼できるホワイト国(輸出優遇国)から韓国を除外する政令の改正を正式に決定した。この決定により8月28日から、上記の3品目以外にも化学薬品や工作機械など軍事転用の恐れが高い部材を韓国に輸出する場合は、輸出の契約ごとに個別の許可が必要になる。

一方、日本政府が、安全保障上の措置として、韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外し、事実上格下げする措置を決定したのに対し、韓国政府は8月12日に、武器に使われる恐れのある機械などの「戦略物資」の輸出手続きを簡略化できる「ホワイト国」の対象から、日本を除外する制度改正案を発表した。

さらに、韓国政府は8月8日に日本から輸入する「石炭灰」の放射性物質の検査強化を発表した直後の8月16日には日本とロシアから輸入する廃プラスチックや廃タイヤ、そして廃バッテリーの3品目について放射性物質の検査を強化(3ヶ月に1回から1か月に1回に調整)すると発表した。

<打撃が大きいのは韓国>

このような対立の関係が続くと日韓両方の経済にマイナスの影響が発生するのは必至であり、さらに日本への部品依存度が高い韓国経済への打撃は大きい。

図表1と図表2は韓国の対日本向けの年別輸出入件数と金額を示している。日本向けの輸出入件数はそれぞれ2000年の47.6万件と84.0万件から2018年には92.6万件と178.4万件に輸出と輸入ともに2倍弱増加している。

また、日本向けの輸出入金額も2000年の204.7億ドルと318.3億ドルから2018年には305.3億ドルと546.0億ドルに増加した。日本からは機械部品や半導体関連材料などの輸入が多く、輸入件数と金額が輸出を大きく上回っている。

1/4ページ

最終更新:8/19(月) 20:24
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・17号
9/10発売

460円(税込)

【特集】プーチン2020
領土問題で日本政府を手玉に取るプーチン── 米大統領選を標的にする強権大統領の世界戦略は

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事