ここから本文です

香取慎吾の「ヤンチェ_オンテンバール」2019年秋冬がスタート!『GQ』最新号に4P登場だ!

8/19(月) 19:01配信

GQ JAPAN

マルニやエドウインなど、豪華別注先は8ブランドに拡大!

【JANTJE_ONTEMBAARとGQ最新号情報をチェック!】

サンヨーコートの受注を皮切りに

8月25日、香取慎吾とスタイリストの祐真朋樹が手がけるファッションストア「ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)」が2019年秋冬コレクションをスタートする。商品の立ち上がりは、昨年秋冬の1stシーズンから継続コラボレーションするサンヨーコート(SANYOCOAT)の新作から。メンズ3型、ウィメンズ4型、ユニセックス1型のコートをラインナップし、日比谷の帝国ホテルプラザ1階のショップで注文を受け付ける。

「ヤンチェ_オンテンバール」は毎シーズン、香取慎吾が描き下ろす新作アートを洋服のデザインに取り入れて服作りをしている。今季は “REIWA”と“RETRO”の2作品が登場。“REIWA”は、香取が4月1日の新元号発表を受けて描き始めたという。 「令和」の英訳である“Beautiful Harmony”から発想した植物の枝葉をイメージした作品である。“RETRO”は、香取が生まれた昭和の、力強く、まぶしい太陽をイメージして描いたという。昭和と令和、2つの元号をインスピレーション源に、“今までとこれから”をアートで表現したという。

新コレクションのもうひとつの目玉は、国内外ブランドとの豪華コラボレーション・ピースである。今季あらたな別注先として、フランチェスコ・リッソが手がけるミラノのマルニ(MARNI)、日本の老舗ジーンズ・ブランドのエドウイン(EDWIN)、そして日本のレディス・ブランドであるザ ダラス(THE Dallas)がくわわった。マルニでは、両ブランドのロゴ入りのニットのほか、Tシャツ、スニーカー、トートバッグの計4アイテムがユニセックスで展開されている。

サンヨーコートのほかに、イタリアのボルサリーノ(Borsalino)、ニューヨーク発のバッグブランドであるヴァジック(VASIC)、そして日本のレディスブランドであるウェイ(Wei)が継続コラボ・ブランド。サンヨーコートでは、はじめてダッフルコートが登場する。ボルサリーノとは、代名詞のハットはもちろん、写真で香取がかぶったキャップ、さらにはニット帽をあらたに製作した。“Borsalino”と“J_O”の刺しゅうをパッチでつけるなど、3シーズン目を迎えてデザインの幅がひろがっている。

『GQ JAPAN』は、8月24日発売の10月号で香取慎吾と祐真朋樹を最速キャッチ! 2人に新作を使った男の着こなしを提案してもらい、4ページのスペシャル・シューティングを実施した。コーディネイト風景のメイキングと注目別注アイテムの紹介、さらには祐真によるポイント解説も掲載している。

JANTJE_ONTEMBAAR 2019AW
スタート:2019年8月25日(日)
別注ブランド:MARNI、THE Dallas、EDWIN、SANYOCOAT、Borsalino、VASIC、Weiほか
店舗:JANTJE_ONTEMBAAR(東京都千代田区内幸町1-1-1)
営業時間:11:00~19:00

文・GQ JAPAN編集部

最終更新:8/19(月) 19:01
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事