ここから本文です

星稜は奥川恭伸ら4人の投手層が強み。“ラッキーボーイ”の存在も優勝引き寄せるか【甲子園ベスト4校を分析】

8/19(月) 19:11配信

ベースボールチャンネル

 第101回全国高校野球選手権大会は20日に準決勝2試合を行う。第1試合は履正社(大阪)対明石商(兵庫)、第2試合は中京学院大中京(岐阜)対星稜(石川)と、トーナメントを勝ち抜いてきた強豪同士がぶつかり合う。試合に先立って、残る4チームのここまでを振り返る。

【図表】星稜のチーム戦績、投打成績

 星稜は、今大会最強右腕の奥川恭伸(3年)が、チームをけん引。1回戦の旭川大(北北海道)戦を94球完封で勝利すると、2回戦の立命館宇治(京都)では、勢いづく立命館宇治打線の前に6回途中からリリーフ登板。最速154キロの速球で反撃の芽を摘み取った。さらに、3回戦の智弁和歌山(奈良)戦では、延長14回まで一人で投げ抜き自責点は0。13回以降のタイブレーク突入後も、ホーム生還を許さなかった。

 奥川のピッチングに注目が集まるが、荻原吟哉(2年)の好投が、奥川を支えている。奥川が先発を回避した2試合で先発し、一度もリードを渡さなかった。さらには寺沢孝多(3年)、寺西成騎(2年)と4投手が揃う星稜は、最も投手層が厚いと言えるだろう。

 一方の打線は、リードオフマンの東海林航介(3年)や、U-18候補の山瀬慎之助(3年)と内山壮真(2年)、好調を維持している岡田大響(3年)や大高正寛(3年)らがおり、打線に抜け目はない。また、準決勝で大爆発した今井秀輔(2年)の存在も面白い。優勝には不可欠ともいえる“ラッキーボーイ”の存在が、さらにチームに勢いをもたらす。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/19(月) 19:11
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事