ここから本文です

予選が8月19日からスタート、男子日本勢は8人が出場 [全米テニス]

8/19(月) 17:00配信

テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/予選8月19日~、本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の予選が、8月19日(月)からスタートする。

USオープン2018|トーナメント表

 予選ドローが発表され、男子の日本人選手はダニエル太郎(エイブル)、伊藤竜馬(北日本物産)、杉田祐一(三菱電機)、内山靖崇(北日本物産)、添田豪(GODAI)、守屋宏紀(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)、内田海智(富士薬品)の8人が名を連ねた。

 ダニエルが第14シード、伊藤が第26シード、杉田は第27シードが付いた。杉田と内田、添田と守屋が同じブロックに入り、内山と綿貫の初戦はシード選手との対戦となった。

 初日の男子日本勢は、杉田、内山、綿貫、内田の1回戦が予定されている。

 USオープン予選は男女とも128ドローで争われ、3回勝ち上がった各16名が本戦への出場権を手にする。予選は8月23日(金)までの5日間に渡って行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

<予選初日の試合予定|日本人選手>

■Court5

第1試合 MS-Q1R 78内田海智(日本/富士薬品)vs 77ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)[WC]

第3試合 MS-Q1R 23綿貫陽介(日本/日清食品)vs 24エルネスツ・グルビス(ラトビア)[18]

■Court7

第5試合 WS-Q1R 118清水綾乃(日本/Club MASA)vs 117デスタニー・アイアバ(オーストラリア)

■Court10

第2試合 MS-Q1R 87内山靖崇(日本/北日本物産)vs 88アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)[20]

■Court15

第1試合 MS-Q1R 80杉田祐一(日本/三菱電機)[27] vs 79マーク・ポールマンス(オーストラリア)

<男子予選1回戦の組み合わせ|日本人選手>

105ダニエル太郎(日本/エイブル)[14] vs 106マリオ・ビレリャ マルチネス(スペイン)

104伊藤竜馬(日本/北日本物産)[26] vs 103サミット・ナガル(インド)

27添田豪(日本/GODAI)vs 28トミー・ロブレド(スペイン)

30守屋宏紀(日本/北日本物産)vs 29ルベン・ビビーマンズ(ベルギー)

最終更新:8/19(月) 17:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事