ここから本文です

スタンリー・キューブリック生前の姿が 没後20年企画ドキュメンタリー2作品の予告編公開

8/19(月) 12:07配信

リアルサウンド

 11月1日公開の映画『キューブリックに愛された男』と『キューブリックに魅せられた男』の予告編が公開された。

 今なお世界に多大なる影響を与え続ける映画監督スタンリー・キューブリック。今回、知られざるキューブリックの総てを、全く異なるアプローチから描いた2本のドキュメンタリー映画がカップリングで上映される。

 『キューブリックに愛された男』は、キューブリックの専属ドライバーであったエミリオ・アレッサンドロの目を通して、奇妙な出会いや神経質なキューブリックの生活様式、動物に囲まれ穏やかな日常など、これまで描かれなかった巨匠の普段着の姿が、2人の厚い友情と共に浮かび上がる。

 一方の『キューブリックに魅せられた男』は、『バリー・リンドン』の出演をきっかけに、キューブリックに絶対的な忠誠を誓った若き俳優レオン・ヴィターリが、その後個人的なアシスタントに取りたてられ、無限とも思えるキューブリック監督の雑事に追われていく過酷な日々を、ライアン・オニール、R・リー・アーメイ、マシュー・モディーンら出演者をはじめとする多彩な映画人たちの証言と共に描き出す。

 公開された予告編では、天才キューブリックの異常なまでのこだわりを30年も支え続けた2人の男、キューブリックの専属ドライバーであった『キューブリックに愛された男』のダレッサンドロと、キューブリックに絶対的な忠誠を誓った『キューブリックに魅せられた男』のヴィターリの姿を映し出し、生前のキューブリックの映像やキューブリック作品のメイキング映像などを使用した仕上がりとなっている。ナレーションは、『2001年宇宙の旅』最新日本語吹替版の「HAL 9000」、またヴィゴ・モーテンセンやコリン・ファースの声で知られる木下浩之が担当している。

 没後20年のメモリアル・イヤーに相応しく、2019年4月にはロンドンで大規模な「キューブリック展」が開催され、5月の第72回カンヌ国際映画祭ではアルフォンソ・キュアロン監修による4K版『シャイニング』が上映された。11月にはその『シャイニング』の40年ぶりの続編である『ドクター・スリープ』が世界公開を控える。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/19(月) 12:07
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事