ここから本文です

見違えるほど女らしくおしゃれ見えする!夏のカーディガンコーデ5選

8/19(月) 22:07配信

集英社ハピプラニュース

カーディガン×ツヤスカートの羽織ものコーデ

しなやかなとろみ感のある上質なシルク混スカートはグレーカーディガンと相性ばっちり。スタイルアップ目的で重心を高めにしがちだけれど、実は重心が低めになるバランスはほんのりモードな印象になるのでお試しあれ。そして最後にヌーディなサンダルで足もとに抜け感をだして軽やかでエレガントな印象を目指して。

カーディガン¥31,000/スローン キャミソール¥7,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) スカート¥43,000/フラッパーズ(エンリカ) バッグ¥54,000/リエス(メゾン ボワネ) サンダル¥28,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(リベクール) ピアス¥9,200/シップス 有楽町店(ソコ)

撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

カーディガン×ショートパンツの羽織ものコーデ

カラーボーダーとショートパンツというフレンチカジュアルなワンツーコーデを大人っぽく着こなすならグレーカーディガンを肩がけするだけ。ジャケットではちょっと堅苦しいし、コートよりは軽やかにしたい、そんなリラックスムードで仕上げたい気分の日には、上質&薄手の素材感とミドル丈がいい感じに。

カーディガン¥31,000/スローン カットソー¥12,000/ゲストリスト(ルミノア) ショートパンツ¥23,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) フラットシューズ¥34,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) メガネ¥36,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

ツインニット×きれい色プリーツスカートの羽織ものコーデ

ネイビー×ブルー、ツインニット×ロングスカート。配色もアイテムもきれいめな組み合わせだからこそ、ひとさじのモード感がものをいう。甘さはサックスの色みに託し、ギャザーや サーキュラーではなく、光沢のある極細プリーツで辛さを足し算。ブルー系のバイカラーパンプスやバケツバッグもエッジ足しにひと役。

スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ  マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO

2/2ページ

最終更新:8/19(月) 22:07
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事