ここから本文です

消費税がアップするからと、慌てて買わなくてもよい5つのもの【30代の増税前セミナー】

8/19(月) 22:50配信

集英社ハピプラニュース

10月からの消費税増税。しかし、消費税アップに伴い他の税制も改正されるケースあり。必ずしも慌てて買わなくても大丈夫なアイテムもあります。さまざまな条件があるので、これを読んでじっくり検討してみて。

<導入漫画>やみくもはNG! 消費税アップ前に賢い買い物の方法を知ろう

改正するからと、慌てて買わなくてもよいもの

すぐに買うのは要検討!

【車】
自動車に関する税制も10月に変わり、従来の「自動車取得税」が廃止されて「環境性能割」が導入される予定。ハイブリッド車など燃費のよい車は非課税となるため10月以降が買い。基準値に満たない車はそれ以前に購入を。

【宝石&貴金属類】
一見、安定していると思いがちな宝石や貴金属類。石や地金は時価があるものなので実は価格は不安定。以前から欲しいものであれば購入はありだけれど、「買わなきゃ損」的な考えであれば、慌てずにじっくり考えて。

【結婚式】
一日で数百万円のお金が動く結婚式。9月までの駆け込み婚を狙うのも手。基本的に適用税率は実施月のものとなるため、10月以降の挙式は10%に。支払いのタイミングについては各会場に確認するのがおすすめ。

【家電】
早いサイクルで新製品が発売される家電は旧モデルが安くなるタイミングがベスト。エアコンや冷蔵庫、洗濯機など白物家電は8~9月が狙い目のため、たまたま増税前の駆け込み買い対象としてマッチするかも。

【マンション】
ローンを利用して購入する場合は増税後に新たに改正される住宅ローン減税を活用したほうが、支払総額を抑えられることも。そのほか、住まい給付金や親からの贈与に関する課税措置など複雑なため検討は必須!

[増税 COLUMN]増税後、私たちの生活はどう変わる?

【キャッシュレスの波には乗り遅れるな!】
10月の増税に伴って予想される買い控えを懸念し、政府もいくつかの対策を講じている。そのなかのひとつが「キャッシュレス決済時のポイント還元」。これは買い物時にクレジットカードや電子マネー、スマホのQRコード決済など現金以外で決済を行った場合にポイントにて支払額の一部を還元する措置。還元率は原則5%でチェーン店舗だと2%の予定。現金派の人も断然お得なキャッシュレス決済に今のうちに移行して、来るべき増税に備えるべし。

【日ごろから予算感を持って買い物すべし!】
今回の消費税アップは私たちの身に何か起こったときのためのセーフティネット=社会保障を手厚くするためのもの。消費税を払うということは、いわば国民が安心して暮らせる社会への参加料。それを踏まえたうえで、日常の予算管理や生活管理を個人がしっかりと行う必要が。毎月いくらなら消費に使っていいかなど予算立てをし、ムダ遣い防止に努める。一方で税制の改正やそれに伴うお得情報などをキャッチしながら精査し、お金の使い方を吟味して。

イラスト/小迎裕美子 取材・文/堀 朋子

最終更新:8/19(月) 22:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事