ここから本文です

吉本が芸人と交わした『共同確認書』を入手! 若手から不満噴出の「7項目」

8/19(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

 天下の吉本興業がこれまで見せてきた“笑い”とは真逆。涙や怒りといった感情がぶつかり合い、6月から続いている一連の“騒動”は終息するのだろうか。
 8月10日、明石家さんまが『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)にて、「(騒動について)ようやくラジオでもしゃべらんでいいようになってきた」とコメント。翌11日、今度は松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて「最悪の状況からはちょっと脱出できた」と発言。
 吉本のトップ中のトップである2人が出した“終息宣言”の背景にあるものは─。

【写真】原本を入手!吉本が芸人と交わす『共同確認書』全文

「吉本興業は、7月25日に、経営改革について専門家から助言してもらう『経営アドバイザリー委員会』の設置を発表し、8月8日にその第1回目の会議が開かれました。今回は“反社会的勢力への対抗措置”と“タレントとの契約とマネージメント体制”について話し合われ、この2つが含まれた『共同確認書』を所属する全芸人と交わすことが明らかになりました」(スポーツ紙記者)

 芸人たちと吉本が交わすという『共同確認書』とはいったい何なのか。週刊女性が入手した“実物”を見ると、まずは前文として以下のような“宣言”が記されていた。

サインしない若手芸人も

《わたしたち“よしもと”にかかわるすべての人間は、2019年6月27日付で公表した決意表明に基づき、常に法令及びコンプライアンス遵守の精神に従い、以下の事項を共同して誓約・宣言します。
 そして、“よしもと”のタレントたちがこれからも「笑い」の力で世の中を明るくし、世間から永く愛されながら活躍していけるよう、一丸となってタレントの芸能活動に支障が生じるようなトラブルの防止及びその解決に全力を尽くします》

 7つある項目は以下のもの。
1 反社会的勢力との関係を断絶します。
2 教育を徹底します。
3 営業先を適切に決定していきます。
4 守秘義務を守ります。
5 差別と中傷を排除します。
6 あらゆる権利を尊重し、マネジメントを行います。
7 本宣言を周知・徹底します。

 反社会的勢力に対抗し、コンプライアンスの遵守を徹底するという確認書。こちらを渡された吉本所属の若手芸人によると、

「ブレイクしている人とかは違う形かもしれませんが、東京の若手は、東京本社に5組ずつ呼ばれて、少し説明されてサインする感じでした。1グループ15分くらいで回してましたね。サインせずに持ち帰った人もいましたよ」

 確認書の配布は8日に吉本から発表されたが、現場では8月1日にはすでに芸人たちに渡されていたようだ。そして、中には……。

「そんなの俺はもらってないですね」

 そう話すのは、同じく吉本所属の中堅芸人。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事