ここから本文です

世界経済の減速懸念の高まりなどから、世界的な株安と円高進行

8/19(月) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピクテ投信投資顧問株式会社が、日々のマーケット情報を分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報を転載したものです。

ポイント

2019年8月14日、米国債券市場において景気後退の予兆とされる長短金利の逆転現象(逆イールド)が発生しました。米中貿易戦争や世界経済への懸念がくすぶっていた中、中国やドイツから弱い経済指標が発表されたことも、世界経済の先行き警戒感につながり、米国をはじめ世界的な株安となりました。また、こうしたリスク回避の動きは、為替相場でも円高の進行につながりました。

景気減速や政治混乱懸念などを背景に 米国株式市場は大幅下落

2019年8月14日の米国債券市場において、景気後退の予兆とされる長短金利の逆転現象(逆イールド)が発生しました。

2019年7月末以降、米中貿易戦争のエスカレートしていたことや世界的な景気減速懸念がくすぶっていた中で、14日に中国から発表された工業生産が約10年半ぶりの低い伸びにとどまったほか、小売売上高や固定資産投資なども事前予想を下回る内容となるなど、中国の景気動向に対する懸念が高まりました。さらに、ドイツも輸出の不振などから、4-6月期のGDPはマイナス成長に陥ったことなどの発表も重なり、世界的な景気先行きに対する警戒感が一気に高まりました。

こうしたマイナス材料が重なる中で、投資家のリスク回避の動きが強まり、株式などのリスク資産が大きく売られる展開となり、世界的な株安となっています(図表1参照)。

※当資料で使用したMSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。また、MSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

こうした14日の米国市場の動向を受けて、翌15日のアジア市場もマイナス基調となっています(8月15日午後12時時点〈日本時間〉)。

また、為替相場についても、リスク回避の動きが強まる中で、比較的安全とされる日本円が買われる動きが強まり、円高が進行しました(図表2参照)。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 14:03
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

幻冬舎ゴールドオンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい