ここから本文です

【J1採点&寸評】松本1-1名古屋|終盤に大仕事をした赤﨑がMOM!松本は詰めの甘さが…

8/19(月) 20:42配信

SOCCER DIGEST Web

松本――水本は合流して間もないとは思えないほどフィット

 [J1リーグ23節]松本1-1名古屋/8月18日(日)/サンプロ・アルウィン
 
【チーム採点・寸評】
松本 6
攻守にわたってゲームプランをほぼパーフェクトに遂行した。最後の最後で詰めの甘さが出てしまうのが、この順位に沈んでいる理由のひとつかもしれない。
 
【松本|採点・寸評】
GK
1 守田達弥 5.5
立ち上がりは判断が不安定だったが、枠内ミドルを防ぐなどビッグセーブも見せた。わずかに届かなかった土壇場の失点は無念だろう。
 
DF
4 飯田真輝 6.5
192センチのジョーに仕事をさせず、3バックを統率。時折見せる鋭い縦パスには33歳にしてなお成長の片鱗を感じさせる。
 
31 橋内優也 5
故障から8試合ぶりに復帰し、3バック右で先発。アディショナルタイムに赤崎への警戒を緩めさえしなければ及第点だったが……。

【ハイライト動画&詳細マッチスタッツ】

41 水本裕貴 6
合流して間もないとは思えないほど松本にフィット。守備はクレバーかつクリーンで、攻撃の起点としても十分に機能した。
 
MF
3 田中隼磨 6
対面する和泉の存在感を消し、攻撃でも労を惜しまず。走行距離は最長、スプリント数も最多タイと衰え知らずの運動量を披露した。
 
6 藤田息吹 6
パスアンドゴーを徹底し、ペナルティエリア付近まで侵入していく頻度が目に見えて増加。守備も変わらず献身的だった。
 
14 パウリーニョ 5.5
持ち味のミドルは不発。ただでさえ少ない攻撃機会をミスパスでフイにしてしまうシーンが散見されたのは気がかりだ。

松本――セルジーニョと永井のホットラインが開通

42  高橋 諒 6
対面するレフティ前田の左を切って縦に行かせ、得意の形に持ち込ませなかった。逆足クロスの精度がもう少し高まればなおいい。
 
8 セルジーニョ 6.5
獰猛なハイプレスからショートカウンターを発動させること多々。永井とのホットラインも機能し、アシストをマークした。
 
FW
50 阪野豊史 5.5(81分OUT)
泥仕事をいとわない献身性は明らかで、ボールを収めて時間を作るのも巧み。だが、35分の絶好機は決めるべき場面だった。
 
11 永井 龍 6.5(89分OUT)
攻守においてダイナミックにプレー。裏への抜け出しを繰り返し、ルーズな最終ラインの裏を取って先制ゴールを挙げた。
 

交代出場
MF
20  杉本太郎 -(81分IN)
得点直後に阪野と交代し、2シャドーの一角を務めた。チーム全体の重心が下がっていたため、持ち味を出せる機会は少なかった。
 
FW
9 高崎寛之 -(89分IN)
足が止まった永井に代わり、試合をクローズする役割も担っていたはず。だが、その責務を果たすことはできなかった。
 
監督
反町康治 5.5
やれるべき手段は講じ、実際に相手の攻撃をほぼシャットアウトしていた。名古屋のロングボール攻勢はさすがに想定外だったか。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 20:42
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事