ここから本文です

メイウェザー、パッキャオとの再戦へ前進!? 「リマッチについて話せるのは光栄だ」

8/19(月) 14:33配信

THE ANSWER

高まっては消える再戦話に新たな展開が

 ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。周囲が待望する、WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)との再戦へ向け、新たな局面を迎えている。海外メディアが報じている。

【画像】この2人の対戦が再び実現するのか!? 2015年の対戦でメイウェザーが強烈な右をパッキャオに叩き込む実際のシーン

 2人は2015年5月に「世紀の一戦」として戦い、メイウェザーが判定で勝利。以降も度々、再戦が取りざたされている。こうした世論に対し、メイウェザーはSNSで「パッキャオの名前がメディアに持ち出されるたびに、私の名前も付いてくるのは皮肉だ」などと持論を展開していた。

 だが、そんな中で再戦への機運が再び高まるような新展開が出てきた。英紙「サン」が「フロイド・メイウェザーJr. マニー・パッキャオとの再戦を議論すべくサウジアラビアに向かっていると明かす」と題した記事で取り上げている。

 記事によると、メイウェザーがサウジアラビア開催でパッキャオとのリマッチに向けた話し合いに入ったと明かしたという。

リマッチ実現なら舞台はサウジアラビア?

 2015年5月の対戦のペイバービュー(PPV)は格闘技史上最高額となる、4億ドル(当時のレートで約480億円)だった。さらに総興行収入は合計で4億7000万ポンド(約600億円)を超えたことにも触れ、「ラスベガスでの“世紀の一戦”はメイウェザーが勝利。スーパースターの2人は、ともに40代だが、これまでにもリマッチについて協議してきたが、まだ実現には至っていない」と、その後の対戦機運が浮上しては消えという状況も紹介している。

 今回の報道の発端は、英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者がツイッター上で公開した動画。サンによると、動画内でメイウェザーはこう話していたという。

「サウジアラビアに来て、メイウェザーとパッキャオのリマッチについて話し合いができるのは光栄だ。サンキューと言いたい」「サウジアラビア、フロイド“マネー”メイウェザー。俺は向かっている」

 巨額のオイルマネーで潤うサウジアラビアを舞台に、“世紀の再戦”が動き出すのか。今後の展開から目が離せない。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/19(月) 17:36
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事