ここから本文です

「仕事がうまくいかない泥沼」から救ってくれる上司と出会う方法

8/19(月) 8:46配信

bizSPA!フレッシュ

 こんにちは、戦略コンサルタントのShinです。今日のテーマは「仕事に絶望していた自分を救ってくれた“ある上司”について」です。

 ぼくは、コンサルタントとしてあまりにもパフォーマンスが出せず、「もうそろそろ無理かな」「バックオフィスにいくか、転職かな」と思い悩んでいました。何をしてもまともなアウトプットを出せる気がしなかったのです。

 そんなとき、新しいプロジェクトにアサインされました。

仕事に絶望していたぼくは、ある上司に出会った

 そのプロジェクトの上司は、「非常に優秀だ」という前評判でした。新卒のときから最速での昇進を重ねていて、お客さんやトップマネジメントからの評判も、とても高い人です。

 入社直後であれば、「そんなすごい人と働けるとは、なんてラッキーなんだろう! 一生懸命学ぼう」とモチベーションが上がっていたかもしれません。しかし、仕事に絶望していた自分は、そのことを聞いても興奮することはありませんでした。

「優秀な人なのか。自分とは全然違うんだろうな。また自分は何もパフォーマンスを出せなくて怒られるんだろうな」としか思えませんでした。

 でも、その想定は外れたのです。上司はぼくを追い詰めるどころか、「きみはこういうところが素晴らしい」「もう少しこうすればさらによくなる」というポジティブなフィードバックをたくさんくれました。もちろん、彼から見たらぼくの仕事のクオリティは物足りなかったでしょう。それでも、彼は我慢強くいいところを見つけてくれ、励まし、アドバイスをくれました。

「仕事ができない」泥沼から抜け出した

 そうしていくうちに、ぼくはたまに満足の行くアウトプットを出すことができました。そのときは、その上司だけでなく他の先輩やお客さんも褒めてくれました。そのとき、ぼくははじめて「あ、仕事って楽しいな」「人の役に立つって素敵なことだな」と思うことができました。

 それまでずっと「なんでそんなにできないんだ」「もっとちゃんとやれ」と言われ続けて仕事に絶望していたぼくでしたが、初めて仕事に対してポジティブな感情を持つことができたのです。

 その上司とは、他のプロジェクトも一緒にやらせてもらって、コンサルタントとしてのスキルセットや持つべきマインドを学ぶことができました。また、彼もぼくのことをずっと評価し続けてくれました。そうやっていく中で、徐々に失っていた自信を取り戻し、「仕事ができない」という泥沼から抜け出すことができたのです。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 8:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事