ここから本文です

真夏の辛旨グルメを堪能!福岡&北九州の最新“激辛麺”5選

8/19(月) 12:00配信

ウォーカープラス

18~19年に開店した激辛党が集う辛麺をピックアップ。衝撃の辛さを今夏、体感せよ!

【写真を見る】「辛麺8辛」(750円)。唐辛子で辛味を出し、挽き肉にも辛さが染みる / 辛麺八龍 小倉紺屋町店

■ 鮮烈な辛さに酔いも覚める!中洲の締めの新定番「総本家 博多辛麺 狛虎」

西中洲に続き、西新店、博多駅店も8月にオープンする辛麺の新旋風。“辛麺四天王”と銘打つ、「黒」(定番・880円)、「赤」(トマト)、「炙りモツ」、「白」(豆乳)の4種類の味をそろえる。それぞれ辛さ0~25倍からセレクト可。

[総本家 博多辛麺 狛虎(はくとら)]福岡市中央区西中洲1-4 プロスペリタ西中洲Ⅱ 1F / 092-406-6840 / 18:00~翌4:00(LO3:30) / 火曜休み

■ 汗が噴き出る“10辛”で辛麺の底力を知る「宮崎辛麺屋 辛福 西新店」

宮崎の居酒屋「呑気」が辛麺に特化した新業態を開業。真っ赤なスープ、こんにゃく麺、ニラは王道の宮崎辛麺スタイルだが、卵をよりふんわりとじるのがこだわり。スープをかける「石焼きチーズごはん」(150円)も人気。「辛麺 10辛」は800円。

[宮崎辛麺屋 辛福 西新店]福岡市早良区祖原30-18 / 092-834-3344 / 12:00~23:00(LO) / 不定休

■ 辛さの中に感じるコク深さ!牛・豚・鶏の旨味が凝縮「辛麺八龍 小倉紺屋町店」

小倉繁華街の飲み客をターゲットとし、早朝まで営業。ベースのスープ、牛・豚・鶏の合挽き肉も店内仕込み。唐辛子は複数をブレンドし、香り、辛味が最も花開く目の粗さで挽く。7月20日(土)には三ヶ森にも開店。「辛麺8辛」は750円。

[辛麺八龍 小倉紺屋町店]北九州市小倉北区紺屋町7-2 / 093-521-1939 / 18:00~翌5:00(LO) / 日曜休み

■ とろふわの卵スープに奥深い辛味をブレンド「辛麺屋 道 西月隈店」

佐賀の人気辛麺店が福岡に初進出。鶏ガラと野菜で取ったスープをベースに、3種類のブレンド唐辛子で辛さを調整。麺にとろりと絡む片栗粉入りのスープは、溶き卵でフワフワな口当たりに仕上げる。「辛麺(5辛、たまご麺)」は842円。

[辛麺屋 道(みち) 西月隈店]福岡市博多区西月隈2-6-41 / 092-409-6073 / 11:00~24:00(LO23:30) / 不定休

■ 舌を刺す唐辛子の王者“火山”をたっぷり!「辛麺 風林火山」

国産の「火山」や韓国産など、特に辛さが強い唐辛子を選び、種ありのまま粗挽きで使用。辛さ0と1辛は800円で、辛味を追加するごとに値段が上がるシステム。定番とトマト辛麺の2種類を用意する。

[辛麺 風林火山]北九州市八幡西区黒崎1-8-3 ラドリージョビル1F / 093-642-9515 / 21:00~翌2:30(LO)、金曜・土曜・祝前日~4:00(LO) / 日曜休み(九州ウォーカー・大園大輔)

最終更新:8/19(月) 12:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事