ここから本文です

有森也実、28年ぶり“月9”出演!「監察医 朝顔」で美魔女役に

8/19(月) 18:47配信

ザテレビジョン

8月26日(月)放送の上野樹里主演ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)第7話に、有森也実がゲスト出演することが分かった。有森は今回、「東京ラブストーリー」(1991年)以来、28年ぶりの月9ドラマ出演となる。

【写真を見る】会見で娘役の加藤柚凪を抱っこする上野樹里

本作は、法医学者の万木朝顔(上野)と、父で刑事の平(時任三郎)という異色の父娘が、解剖や捜査により各話でさまざまな遺体の謎を解き明かし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描くヒューマンドラマ。

■ 有森「ナチュラルな魅力が際立った方」

1991年に一世を風靡(ふうび)した「東京ラブストーリー」の関口さとみ役をはじめ、これまで数々のドラマ、映画、舞台に出演し、舞台「化粧二題」(2019年)では初の一人芝居に挑戦するなど、今なお女優として躍進し続ける有森。

そんな有森が、法医学者と裁判という題材を描く第7話で、朝顔が出廷した裁判における被告人・白石亜里沙を演じる。

亜里沙は、服装からだけでもアクの強さがにじみ出ている個性的なキャラクターで、“10億の美魔女”と呼ばれる。

28年ぶりの月9出演について有森は、「28年もたっていたのですね。歳をとる訳です。現在でも月9と呼ばれ親しまれている事、うれしく思います」と振り返りつつ、「亜里沙は非道な女です。そして必死に生きている人間でもあって、必死さと、人間臭さが、おかしみとしてキャラクターに生かせないかなと思いながら演じました」とコメント。

また、今作が初共演となった主演の上野の印象を、「上野さんは、ナチュラルな魅力が際立った方だと感じました。ニュートラルな瞳がチラッとでも合ってしまうと、“はい、有森はあざとい事は致しません”と思わずにはおれませんでした(笑)」と語っている。

■ 5年後を描く

なお、5年後の朝顔たちを描く新章の幕開けとなる第6話(8月19日[月]放送)では、とある一軒家でドアノブにタオルを巻き、首を吊って亡くなっている夫と、ベッドの上で横たわって亡くなっている妻が発見される。

新任の検視官・丸屋大作(杉本哲太)の到着が遅れているため、現場へ来て、先に遺体を見てほしいと朝顔たちに野毛山署強行犯係の山倉伸彦(戸次重幸)から依頼が舞い込む。

連絡を受けた朝顔がさっそく現場に赴き、遺体に触れようとしたその時、丸屋が到着。法医学者が検視官より先に遺体を確認するのは「規則違反」と山倉に抗議し、朝顔が遺体の所見を言おうとすると「解剖室でやってください」と一蹴する丸屋。

さらに、遺体が解剖室に運ばれた後も、丸屋は何かと朝顔たち法医学者と衝突をすることに…。

■ 第7話あらすじ(8月26日[月]放送)

法医学者は時に、司法解剖をした遺体を巡る裁判の鑑定証人として裁判所に出廷する。

朝顔が出廷した裁判における被告人・亜里沙は、3年前に会社社長の夫が病死し、4億3千万の遺産を相続。その1年後には資産家の男性と再婚をするも、わずか3カ月後に男性は、またしても病死し、6億の遺産を亜里沙は相続する。

不審に思った警察が捜査に乗り出し、状況証拠で亜里沙を殺害容疑で逮捕し、起訴。そして相続した遺産額と、その亜里沙の容姿から、“10億の美魔女”という呼称が報道で踊る。

亡くなった夫たちは病死ではないと踏む警察は、朝顔たち興雲大学法医学教室に亡くなった男性の死因の再鑑定を依頼し、その結果を朝顔が法廷で証言することに。

出廷した朝顔は、検事の石田希子(山本未來)の尋問を受け、亜里沙を有罪にするためではなく、あくまで真実を明らかにするために証言をする中、被告人席に座る亜里沙が意外な行動に出て…。

      

(ザテレビジョン)

最終更新:8/19(月) 18:47
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事