ここから本文です

レアル久保、3人翻弄の絶妙パスでゴール起点 現地紙称賛「スペシャルであることを証明」

8/19(月) 7:30配信

Football ZONE web

18日ブルゴス戦でフル出場、前半終了間際に久保がゴールに関与

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチに先発フル出場した。試合は2-3と惜敗したが、久保は前半終了間際に相手3人を翻弄するパスからゴールの起点となり、スペイン紙「AS」は「彼がスペシャルであることを再び証明した」と称賛している。

【動画】「スペシャルであることを証明」とスペイン紙称賛! レアル久保建英、3人に囲まれるも絶妙パスで同点ゴールの起点となった場面

 今夏、FC東京からレアルに移籍した久保はトップチームでプレシーズンマッチ4試合に途中出場。その後はトップの練習に参加しつつ、カスティージャの試合で連続出場している。14日の3部クルトゥラル・レオネサ戦(0-3)に続いて、ブルゴス戦でもスタメンに名を連ねた久保は、4-3-3の右ウイングで送り込まれた。

 試合は前半11分に先制点を献上したが、前半終了間際にカスティージャの同点ゴールが生まれる。右サイドから久保に縦パスを入ったなか、相手3人が囲い込む。ここで起点を利かせた久保は左足ダイレクトで前方へボールを流し、クロスから同点ゴールが生まれている。久保の状況判断能力が光った場面と言えるだろう。

 後半17分にカスティージャが勝ち越すも、同25分にオウンゴールで2-2となり、終了間際に痛恨のPKを献上して2-3で敗れた。

 スペイン紙「AS」は「白い巨人(レアルの愛称)が試合を支配し、不運が勝利を奪った」と報道。カスティージャにとって厳しい判定も見られ、“不運”と指摘している。また久保について「彼はスペシャルであることを再び証明した」と触れ、「この日本人は欠点も露呈したが、ドリブル、攻撃志向、リズムの変化などを見せた」と称えている。

 惜しいシュートも放った久保はノーゴールに終わったが、スペイン紙は日本人アタッカーに高い評価を与えていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/19(月) 8:57
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事