ここから本文です

「スタジアムは沈黙に…」  “パネンカ”PK失敗に批判殺到「まるで道化」「擁護不能」

8/19(月) 21:40配信

Football ZONE web

サン・ロレンソFWバレイロが“パネンカ”にトライも… シュートはクロスバーの上へ

 アルゼンチンの名門サン・ロレンソは現地時間17日、1部リーグ第3節でロサリオ・セントラルと対戦し、2-2で引き分けた。両チームともに開幕からの連勝が「2」でストップしたなか、サン・ロレンソFWの“パネンカ”失敗が批判の対象となっている。

【動画】「まるで道化だ」「擁護不能」と批判殺到! サン・ロレンソFWバレイロが“パネンカ”失敗の瞬間

 サッカーにおいて最も得点の可能性が高いセットプレーがPKだ。GKとの1対1でキッカーの優位は動かし難く、GKがストップすればスーパープレーとなる。一方で、絶対的優位だからこそキッカー側がトリックを入れることもあり、なかでも近年、ポピュラーになっているのが“パネンカ”と呼ばれるチップキックだ。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスも使い手として知られる。

 だが、ボールスピードが出ないキックのため、ミスすればGKに簡単に止められる危険もはらむ。今回、批判の対象となってしまったパラグアイ人FWアダム・バレイロの場合は、その逆パターンとも言えるミスだった。

 ロサリオ・セントラル戦でサン・ロレンソにPKが与えられたのは、1-2で迎えた前半33分のこと。同点ゴールを奪うべくキッカーを任されたのはバレイロ。助走時にフェイントを入れながら放たれた“パネンカ”は十分なスピードだったが、GKだけではなくクロスバーも越え、ピッチ外へと飛んでいってしまった。

 サッカー専門メディア「Be Soccer」のスペイン版は、「バレイロはこの日、最も恥ずかしいプレーをアルゼンチンで見せた」と綴り、「PKのチャンスをパネンカでクロスバーの上に放り込んだ」とミスを揶揄。「スタジアムは沈黙に包まれた」と現地の空気感をレポートしている。

 また、衛星放送「TNTスポーツ」公式ツイッターは「どこに蹴っているの? バレイロは華麗に決めようとしたけれど…」とコメントを添えてPK失敗の様子を動画で投稿。返信欄には「まるで道化だ」「自分はパラグアイ人だけど擁護不能」「もう誰もチップキックをしないんじゃないか」「こんな敬意を欠くPKはもう止めよう」と多くの反響が寄せられている。

 まさに針のむしろ状態のバレイロだが、不幸中の幸いはその後、サン・ロレンソが2-2に追い付いてゲームを終えたことか。PKは絶対的なチャンスだからこそ、“工夫”が失敗した時の批判も大きなものになるのかもしれない。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/19(月) 23:19
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事