ここから本文です

名将モウリーニョ、監督業復帰へ胸中吐露 熱き“サッカー愛”に思わず涙「恋しい…」

8/19(月) 22:10配信

Football ZONE web

マンU退任から約8カ月が経過 「楽しむことができないんだ」と本音を明かす

 2018年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任したジョゼ・モウリーニョ氏は、オフの間は解説の仕事やスポーツ観戦を楽しんだ一方、心の中では監督業が恋しくて仕方がないようだ。英紙「インディペンデント」が伝えている。

【画像】「恋しいよ…」 名将モウリーニョが涙ながらに監督業復帰を訴えた様子

 成績不振による退任してから約8カ月が経つモウリーニョ氏。プレミアリーグのニューカッスルや中国1部広州恒大からの巨額オファーも伝えられていたが、これらの打診は拒否したとされ、現在は英衛星放送「スカイ・スポーツ」などで解説者を務めている。

 “ふさわしいクラブ”からのオファーを待っている状態だとしているモウリーニョ氏だが、監督業復帰への思いは日々増すばかりのようだ。ツイッターで拡散されたインタビュー映像では、サッカーから遠ざかっていることについて泣きそうになりながら語っている。

「何か胸にビビビっと感じた時に、プロフェッショナルなサッカーに足を踏み入れた。しかし、今は真剣なんだ。本気。これまで真面目に取り組んできた。しかし、今は楽しむのではなくストップしている。楽しむことができないんだ。恋しいよ」

 ポルトガル、イングランド、イタリア、スペインと欧州列強国のリーグを制し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝経験を持つモウリーニョ氏。イタリア最大手スポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」でドイツ語を勉強していることも明かし、ブンデスリーガ参戦の可能性も噂されているが、空白期間の続いている“スペシャル・ワン”は近い将来、ピッチに戻ってくるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/19(月) 22:47
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事