ここから本文です

小学校の「プログラミング教育」は何をすべきか

8/19(月) 5:10配信

東洋経済オンライン

 7月上旬、東京都渋谷区にある区立鳩森小学校の体育館で児童たちの笑い声が響いた。

 「変な動きになっちゃったよ」

この記事の写真を見る

 3人1組になって、手元にあるタブレットを熱心に操作する子どもたちの視線は、彼らの指示を受けてしゃがんだまま歩き出す「ロボット」に集まっていた。

■プログラミング必修化を前に教育現場の悩み

 「動け! せんせいロボット」と銘打ったこの取り組みは、京都の電子部品大手、村田製作所が手がけるプログラミング教室だ。

 村田製作所の社員が講師となって、全国の学校で実施している出前授業の1つで、来年度から学習指導要領の改訂で必修化されるプログラミング授業を想定している。5月に京都府の小学校で1回目のプログラミング授業を行っており、鳩森小学校は2回目となる。

 プログラミング授業の必修化を前に全国の学校現場では悩みが広がっている。必修化の目的は「Python(パイソン)」などのプログラミング言語を学習させるような専門的なものではない。「目的を達成するために物事を順序立てて考え、結論を導き出す」という論理的思考を身につけることが狙いだ。

 ただ、教える側からは「タブレットやパソコンの操作に不安がある」(長崎県の小学校教員)や「そもそも何をすればいいのか」(都内の小学校教員)という声があがっている。

 必修化の前年となる今年に入り、多くの学校や教育委員会はプログラミングに関するノウハウを持つ企業に対し、「出前授業」という形で協力を仰いでいる。村田製作所は2006年から、ロボットに入っている部品の仕組みなどを知ってもらうための出前授業を年100校に対して行ってきた。

 村田製作所のプログラミング授業はとてもユニークだ。多くの企業が提供するプログラミングの出前授業は、画面上で「前に進め」のようなシンプルなコマンドを選択し、実際に映像やロボットを操作することが多い。それに対し、村田製作所では人間をロボット役にして、子どもたちが彼らにタブレットを通じて指令を出す。

■子どもたちの指示通りにロボット社員が動く

 まず、段ボール製の「ロボット」を村田製作所の社員がかぶり、スマホを設置する。子どもたちは手元にあるタブレットで「前に進め」「右を向け」といった複数の指示を、順番を決めて出す。ロボット役の社員はスマホを見て、子どもたちの指示通りに動く。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 5:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事