ここから本文です

2019-20年秋冬は“攻め柄”がトレンド! レオパード、パイソン、ゼブラの強力トリオ

8/19(月) 12:00配信

WWD JAPAN.com

暑さの盛りですが、秋トレンドを占う2019-20年秋冬向け展示会では、あちこちでアニマル柄が提案されていました。今秋の3大モチーフはレオパード(ヒョウ)、パイソン、ゼブラという“攻め柄”トリオ。服だけではなく、バッグや靴にも登場しています。

【画像】2019-20年秋冬は“攻め柄”がトレンド! レオパード、パイソン、ゼブラの強力トリオ

アニマル柄が盛り上がる背景には、1980~90年代ファッションの復活があります。この秋はクラシカルやエレガンスに加え、グラマラスも重要なムードに浮上。着こなし方も“きれいめ×グラマラス”といった、相反するテイストミックスが軸になりそう。クラシカルな雰囲気の服に、アニマル柄のアイテムを引き合わせるだけで、こなれたコーディネートが実現します。

たとえば、トゥモローランド(TOMORROWLAND)はレオパード柄のワンピースの上から、クラシックな雰囲気のポンチョをオン。ベレー帽と大ぶりイヤリングでレディーな雰囲気を色濃く演出していました。強いイメージのレオパード柄を、シックに昇華するアレンジが今秋冬のトレンドです。

足元にスパイスを添えるのが、パイソン柄のショートブーツ(写真2枚目)。足元にアニマル柄をワンポイントで迎えれば、ゆるっとした服やシンプル系ファッションでもりりしくキマリます。

このように、人気セレクトショップで提案されているアニマル柄。セレクトショップ以外にも、さまざまなショップやブランドが展示会で打ち出していました。デザインのバリエーションも豊富なので、幅広い世代に受け入れらそう。なかでもレオパード柄はチェック柄や花柄のような定番モチーフの仲間入りを果たしそうな勢いです。今秋の傾向を早速、確かめていきましょう。

"◆気張らないテイストミックスで“こなれ感”演出"

ロンハーマン(RON HERMAN)は、レオパード柄のフェイクファーコートとタイダイ柄カットソーを“柄オン柄”コーデ。切りっぱなしのデニムボトムスでこなれ感を出しています。足元をブーツにするのが今秋流の合わせ方です。

同じくレオパード柄のフェイクファーコートを用意したのはフリークス ストア(FREAK'S STORE)。ボヘミアンやネイティブアメリカンのテイストミックスコーデです。レオパード柄のおかげでリッチでグラマラスな雰囲気に。

1/2ページ

最終更新:8/30(金) 14:26
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2101号
2019年9月16日発売

定価500円(税込み)

「#モードって何?」にあの人はどう答える? あらためてファッションビジネスの基礎を定義

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事