ここから本文です

川相昌弘が犠打世界記録達成!(2003年8月20日)

8/20(火) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2003年8月20日だ。

 偉業達成は6回に訪れた。この日、東京ドームで行われた横浜戦。巨人が2点をリードした6回一死一塁で代打に川相昌弘の名前が告げられると、スタンドが一気に沸いた。

 そして、2球目。誰もがバントと分かっている場面で、いつものようにあっさりと、川相は512犠打の世界記録を決めた。

「送りバントが成功した瞬間は、走りながら顔が笑ってしまいましたね。ただ、転がすのがやっとで、あまりいいバントではなかった。(走者の)二岡(智宏)がよく走ってくれた。彼をスライディングではなく、スタンディングで進ませたかったんですけどね」

 記録達成後も交代せず、7回にセカンド、8回にサード、9回にはショートと守備位置をイニングごとに変えて守った。原辰徳監督の「名手と呼ばれた守備も見てほしい」という意図からだった。

 三塁線、三遊間と2度、飛びついての好守もあった。川相自身、「自分には、守備があったからスタメンで試合に出ることができた。世界記録を達成できたのも、そのおかげだと思います」と胸を張る。

 試合後にはナインからの胴上げ。「やってくれそうな雰囲気があったんで、上がったときの顔の角度を考えていた」と笑うように、しっかりカメラ目線だった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/20(火) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事