ここから本文です

iPadOS 13ではアプリのアイコンサイズを自由に変更できる!

8/20(火) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

この秋にiPadがiPadOS 13にアップデートされますが、おそらくユーザーが不満を持つであろうことの1つに、小さくなったアプリアイコンが挙げられます(今後はiPadOSと呼ばなければならないこともそうですが)。

巷で流行っているジュースクレンズのように、「アイコンのダイエット」も一時的な流行にすぎないと思われます。

こんな薄いパティじゃなく、分厚いステーキのほうがいいというユーザーのために、Appleは従来の大きなアイコンに戻す手段も提供してくれるようです。

現在私が試用しているiPadOS 13ベータ版(バージョン5)には、アプリのアイコンサイズを調節できる機能がついているのです!

アプリのアイコンサイズを自由に変更しよう

今iPadOS 13ベータ版を使っているという人、また、小さいアイコンは嫌いなので、iPadOS 13が9月に正式にリリースされたらすぐにアイコンを大きくしたいという人は、次の手順でアイコンサイズを変えてください。

まず、[設定]アプリを開きます。

次に、[Display & Brightness(画面表示と明るさ)]をタップします。

このセクションの一番下に新しい項目[App Icon Size(アプリのアイコンサイズ)]があるはずです。ページにアイコンがいくつ入るかを視覚的に見せてくれる小さなグラフィックが表示されているので、場所はすぐにわかります。

ここで[More(小)]と[Bigger(大)]の2つのモードを切り替えることができます。

以上です!

今後、アプリのアイコンサイズの設定が、iPadの初期設定プロセスに取り込まれる可能性はありますが、もしそうでなくとも、上記の方法で変更できるということを覚えておきましょう。

Image: Lifehacker US

David Murphy - Lifehacker US[原文]

伊藤貴之

最終更新:8/20(火) 10:01
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事