ここから本文です

建築好きの“やどかり”を発見!? AKI INOMATA国内初の個展。

8/20(火) 18:55配信

Casa BRUTUS.com

やどかりに「やど」を提供して住み替えてもらったら? という独特な発想で世界を覗き込むAKI INOMATAのこれまでのプロジェクトを集めた国内初の個展が、〈十和田市現代美術館〉にて開催される。

建築好きのやどかりがビルを背負って旅してる!? おしゃれなミノムシが衣服の切れ端を使って洋服をデザイン!? 思わずくすっと笑ってしまうユニークな発想のこれらの作品は、 ミラノトリエンナーレやタイビエンナーレ、フランスの〈ナント美術館〉など、これまで海外を中心に活動してきたAKI INOMATAによる作品。彼女の集大成とも言える展覧会が9月14日から〈十和田市現代美術館〉で行われる。

3Dプリンターで都市を象った殻への引っ越しを観察する『やどかりに「やど」をわたしてみる』や、タコやアンモナイトについて考察した『進化への考察 #1:菊石(アンモナイト)』、ミノムシに衣服を身に纏ってもらう『girl, girl, girl,,,』など、ユーモア溢れる着想はそれだけで見るものの心をくすぐるが、AKI INOMATAの作品は、独創的なアプローチの向こう側に浮かび上がる人間自身の姿を、人間以外の生物を通して再発見させてくれるようだ。

text_Housekeeper

最終更新:8/20(火) 18:55
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事