ここから本文です

【RIZIN】4連勝あいが成長と今後の課題を語る「フィニッシュまで行けなかったのが凄く悔しいです」

8/20(火) 7:02配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『RIZIN.18』の第3試合で、タバサ・ワトキンズ(米国)から勝利を収め、プロ4連勝を飾ったあい(KRAZY BEE)が試合を振り返った。

【写真】インタビューに答えて微笑みを浮かべるあい

 プロデビュー前に出場した『格闘代理戦争』の女子トーナメントでは準決勝で古瀬美月に腕十字で敗れ、今回の試合でも腕十字を仕掛けられて危ない場面も。しかし、あいは「腕が折れたりしなければ『まあ、タップしなくてもいいかな』というか」と強気な一面も見せた。以下、記者との一問一答。

――試合が終わった感想は?

「最後に決めきれなかったのが凄く悔しいのと、腕十字で凄くいいのを貰ってしまって、タップしなかったことは自分を褒めたいな、と思います」

――戦ってみて相手の印象はいかがですか。

「思った通り腕十字がすごく上手で、入り方とかも。やっぱり分かっていたのにもらってしまう、という感じだったので自分の弱さ、ダメなところもいっぱい課題が見つかった試合です。相手は、思った通りの腕十字が上手な選手でした」

――今後の展望は?

「49kg級で、RIZNでまた組んでいただけたら頑張るので、よろしくお願いします」

――1Rと2Rの腕十字に関しては、危ないと思っていた?

「危なかったです」

――タップするほどではなかった?

「そうですね、タップを自分ですることは…腕が折れたりしなければ『まあ、タップしなくてもいいかな』というか」

ーー3Rは下から取られそうになった時に取らせず、2Rまでである程度動きが見えたということですか?

「体勢的に取られるところと取られないところがあるので、取られないところに、3Rはちゃんとつけたかなと思います」

――パウンドでのフィニッシュを狙っていたのですか?

「そうです。最後、正直いうと、パウンドだけではなく、何でもいいのでフィニッシュしたかったです。パウンドを含めて、ヒジの練習とかもしていたので、どこかでフィニッシュできたらしたいなあと思っていました。一番最後にチャンスがあったかと思いますが、そこでちょっとフィニッシュまで行けなかったのが、凄く悔しいです」

――3Rの途中で左腕を取りに行ったと思うのですが、関節技も狙っていた?

「いきたかったんですけれど、相手が柔術の選手だったので『ここで逃したら…』って思うと、もう1歩踏み込めなかったところが自分でも情けないなと思います」

ーー足をさばいてパスガードしていましたが、柔術の練習の成果が出た?

「そうですね。柔術の先生に教えていただいていることが出せたかなと思います」

――最後は声を上げながらのパウンド連打でしたね。

「そうですね、どうしても最後は決めきりたかったので、ちょっと気持ちが出てしまいました」

最終更新:8/20(火) 7:02
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事