ここから本文です

リップとチークで血色感をプラスしてアラフィフ世代を幸福顔に!このメイク、プチプラコスメでかなうんです!

8/20(火) 12:04配信

OurAge

女らしさと幸せ感の決め手は、リップとチークで作る血色感!肌に馴染んで美人に見せる効果のある、コーラル系(ややオレンジがかった色)で統一するのが、誰でも大人かわいくなれるポイントだ。

そんな血色感メイクを叶える2000円以下のプチプラコスメをご紹介。ヘア&メイクアップアーティストの中山友恵さんによる「大人の老け感悩み」を克服するテクニックを参考に、夏のメイクを楽しんで!

1 チークは、みずみずしい質感で薄づきのものを。素肌のように自然に仕上がるシアーなコーラルピンク。レブロン フォトレディ チーク フラッシング ティント 003(限定品)¥1,500/レブロン
2 リップも、フレッシュで明るい表情をつくるコーラル系を。これはチークとリップ、両方に使える。ワンダーハニー 頬と唇の色づく蜜クレヨン さんごいろ¥1,400/ベキュアハニー

※価格はすべて税抜き

◆中山さんが指南。メイクのポイント

1「チークは肌に馴染んでツヤの出るクリームタイプを。頬の高い位置を中心に上へ向けて逆三角形にのばし、上がった印象をつくります」

2「くっきりしたリップラインは老けて見えます。きちんと輪郭を取りながら唇全体にリップを塗ったあと、指でリップラインをぼかして」

撮影/玉置順子(t.cube)〈モデル〉 久々江 満〈物〉 ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) モデル/熊田マリエスター スタイリスト/日置 彩 取材・原文/中込久理

最終更新:8/20(火) 12:04
OurAge

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事