ここから本文です

日露戦争の勝利は、日本と世界をどう変えたか

8/20(火) 12:12配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

令和元年(2019)の今年は、日清戦争の開戦から125年、日露戦争の開戦から115年にあたる。
日清・日露戦争における日本の勝利は、世界史の視点から見ると、いかなる意味があったのだろうか。今回は日露開戦からその勝利の意味までを、人気世界史講師・茂木誠氏が解説する。

茂木誠 駿台予備学校 世界史科講師
PROFILE 東京都出身。駿台予備学校、ネット配信のN予備校で 大学入試世界史を担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が好評を得ている。 世界史の受験参考書のほかに一般向け著書として、『世界史とつなげて学べ 超日本史』 『経済は世界史から学べ!』『世界史で学べ! 地政学』『日本人が知るべき 東アジアの地政学 』『「戦争と平和」の日本史』など。

日本、イギリス、ユダヤ人、絡み合う三者の思惑

1904年、日本の旅順港攻撃を皮切りに、日露戦争が始まりました。
開戦前、日本はロシアに対し、朝鮮を二分しようという妥協案を示し、戦争回避に努めます。しかしロシアは応じません。なぜなら、こんな小さな島国に負けるわけがない、戦争ですべて奪えると確信していたからです。
ところが、結果は周知の通り、日本が勝利を収めました。この大番狂わせには、さまざまな要因が重なり合っています。
ひとつは、ロシア国内で革命が起きていたことです。ロシアは貧富の差が激しく、その情報をつかんだ日本陸軍は、明石元二郎を派遣して革命派や少数民族を支援しています。
もうひとつは、軍事費の調達です。日本は巨額の軍事費を賄うため国債を発行し、それを外国の富裕層に買ってもらおうとします。
ところが、時の日銀副総裁・高橋是清がニューヨークとロンドンにいって国債を売ろうとしても、全く相手にされません。日本が負けたら、紙くずになるからです。
この日本国債を買ってくれる人が現われました。ジェイコブ・シフというユダヤ人で、有名な財閥ロスチャイルド家の代理人です。ロスチャイルド家もまた、ユダヤ系です。
ロシアにおけるユダヤ人迫害は、凄まじいものでした。ユダヤ人にとってロシアは敵で、だからユダヤ系財閥が日本をバックアップしたのです。ロスチャイルド財閥はまた、イギリス政府のスポンサーでもありました。
こうして見ると、勝利の背景にある構図が浮かび上がります。独立を守ろうという強い意志を持つ日本、アジアでの利権を守ろうとするイギリス、ロシアを憎むユダヤ人……。この三者の思惑がうまく絡み合うことで、日本はロシアに勝つことができたのです。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 12:12
PHP Online 衆知(歴史街道)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

歴史街道

PHP研究所

2019年10月号
2019年09月06日発売

680円(税込)

【総力特集:戦国家臣団・負けない組織の条件】勝つ組織と負ける組織は何が違うのか。戦国の世に名を轟かせた家臣団を取り上げ、「負けない組織」の条件を探る。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事