ここから本文です

メーガン妃&ハリー王子、プライベートジェットでバカンスに批判

8/20(火) 12:41配信

25ansオンライン

17日(土)午後、南フランスはニース空港で、メーガン妃とハリー王子の姿が目撃された…というか、パパラッチ、というやつですね。
アーチーくんを含めご一家3人でバカンスをお楽しみだったそう。
滞在先は、Castle Mont-Alban(キャッスル・モン-アルバン)。木々に囲まれた高台にあるこちらのヴィラ、というより御殿、実は所有者がサー・エルトン・ジョンなのだそう!

【写真】女優→公爵夫人、メーガン妃の華麗なるおしゃれ変貌

お城のような立地や建物、下からはまったくお屋敷の様子も何もうかがいしることもなく、プライバシーは完全に守られていることがわかります。
サー・エルトン・ジョンといえば、生前ダイアナ元妃と親交が深く、当然ハリー王子とも。
先日の『ライオン・キング』のプレミアでは、御三方が公務でご一緒にもなりました。
その時の、サー・ジョンとメーガン妃との仲の良さも、記憶に新しいですね。

そんなご夫妻が、サーの地中海の別邸に滞在され、バカンスを楽しまれるのも納得。まだメーガン妃は産休中だし、ロイヤルの皆さまも、ただいま夏休暇中。
なんら問題は、と思いきや、どうやら問題の焦点は、プライベートジェット!

14日(水)、ご一家がニースに到着された際も、4日後帰国の途へ向かわれた時も、移動手段はセスナ。
12人乗りのセスナ・サイテーションと、このプライベートジェットに批判が集中。というのも、この寸前にもご一家は、バカンスでイビザへ。
ここといえば、メーガン妃がハリー王子と出会う寸前に、ご友人ミーシャ・ノヌーさんたちと楽しまれた、メーガン妃お気に入りの場所で、これは実は、メーガン妃のお誕生日を祝してのもの。

今回はご一家で行かれたその際にも、同様のセスナ・サイテーションで移動をされていた模様。
それがNGだと言うのなら、ロイヤルメンバーが民間航空機で旅行をすべき? でも、こちらの邸宅まではセスナ以外無理なのでは?とも思いますが、なにせ、ほんの12日間の間に、往復4回のプライベートジェット。
だからといって片道もありえないでしょう(笑)とツッコミたくなるも、とにかく短期間で続けてホリデー2回、しかもどちらも目撃されてしまったことから、また批判に火がついちゃった、というところでしょうか。

さらに、ここ数カ月のご夫妻の発言が、この批判を引き寄せる伏線ともなっていました。
公務中、スピーチの中でハリー王子が環境問題に関して話されたことや、先日メーガン妃が監修された、英国『VOGUE』の中でのインタビューでも「自然環境を考慮して子供はふたりまで。」と語られたことなどから、「じゃあ、ご自身のプライベートジェットはどうなの?」ということになってしまったわけです。

今回おふたりが乗機された、英国ハンプシャーのファーンボロー空港からニース空港までの860マイル(約1384km)。
プライベートジェットの二酸化炭素排出量は、民間機の6倍とも7倍という見解とともに、矛盾を指摘。
さすが英国、王室にも理路整然と突っ込みます(笑)。

なにせ、メーガン妃のベビーシャワーの時にも、このプライベート・ジェットが話題となりましたしね。
続くというか、重なるというか、とにかく目立つところは、ちょっとかわいそうに思ったりも。
アーチーくんがまだ生後3カ月ということもあって、近場でゆっくりバカンスをお考えになったのかもしれないし、ましてや母を通じて子供の頃からのお知り合いにご招待を受けたなら、受けますよね。

ただ必然的に移動回数は増えてしまうわけですが。見方を変えて、では長期ならばいいのか?というと、それはそれで、今度は宿泊に経費がかかるかも?また長距離になれば当然経費はもっと。
そもそも経費ばかりを考えるバカンスって、とも。どこに焦点を合わせるか、ですね、要は批判も。
おそらく、どっちであってもつっこまれるはず。とにかくハリー王子&メーガン妃に、向かい風はまだ続くようです。

この連鎖を打破するには、兎にも角にもいかにメディアと上手く付き合うか、ではないかと私は思います。

ちなみに、ちらりと拝見するメーガン妃のジェットセッター ファッションは、白のシャツに白のコットンパンツ、足元は黒のフラットシューズでした。
シンプルですが、だからこそこだわって選ばれたアイテム!といった感もただよう、メーガン妃らしいスタイルですね。
残念ながら、抱いていらっしゃるアーチー君のお姿は全く見えませんでした。

最後に、バッキンガム パレスは、この件に関して「プライベートなことにつきコメントは出来ません。」
そりゃあ、そうでしょう(笑)事実は事実でしょうし、それ以上何もいえるはずも、言うべきでもありませんね。
人気ロイヤルと、支える周りのスタッフは大変でございます。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:8/20(火) 12:41
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事