ここから本文です

夏休みの家が散らからない!家族が片づける引き出し

8/20(火) 20:50配信

ESSE-online

子どもが家にいる夏休みの間は、どうしても家が散らかりがち。すっきりをキープできないのは、いまの収納の仕組みが子どもには難しすぎるからかもしれません。

ESSEが取材した読者Fさんのお宅は、小さい子どもが2人いるとは思えないほどすっきり。散らからない収納の仕組みを見せてもらいました。

用途別ステーションにものを集めたら、子どもも使いやすく!

子どもが自分で片づけられるようにするには、ものの定位置をしっかり決めてあげることが効果的です。
「使う場所の近くを定位置にすれば、子どもが自分で出し入れできます」とFさん。数が多いアイテムや細かなもの、忘れがちなものも、定位置を専用のステーションとしてまとめたら、家族みんながすっきり管理できるようになったのだそう。

●リビングに<文具ステーション>で迷子を予防

散らかりやすい文房具は、子ども用はお絵描きグッズでまとめてリビングに、大人用はキッチンに。それぞれ1か所にまとめて管理すれば、点在して次々と増えることもありません。

<大人用文具ステーション>

大人用はアイテム別に無印良品の引き出しにしまいます。

<子ども用お絵描きステーション>

子ども用はサイズ違いの引き出しにイン。

ノートとペンをそれぞれ収納しています。

●リビングに<借り物ステーション>で、返却忘れの心配なし

子どもが借りた図書館の本や、友人に借りた雑誌などは、ひとまとめにしてリビングのサイドボードの上に。
「ここなら毎日目に入るので、返すときに『どこにしまったっけ!?』とあわてることがないんです」

<借り物ステーション>

無印良品のフタつきカゴに入れ、借り物をきれいに保管。見た目もすっきり!

●洗面所に<着替えステーション>で、着替えも管理もラクに

洗面所から浴室へと続くスペースにクローゼット風コーナーをつくり、夫と子どもの服、タオル類を収納。お風呂上りに子どもが自分で服を着てくれます。

<着替えステーション>

「ここにしまえる数だけと決め、増えがちな衣類をセーブします。着替えの用意も簡単です」

奥が洗濯&干すコーナーなので、洗濯物を干す、しまうがひと続きでできて家事も時短に。

子どもが散らかしたものを親が片づけるのは簡単。ですが、片づけられる子に育てるためにも、今年の夏は収納を見直してみてはいかがでしょうか。

<撮影/加藤新作 取材・文/ESSE編集部>

最終更新:8/20(火) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年9月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい